記事

【ウォルマート】、パンデミックでライフラインになり売上爆増!客数と客単価に珍事も?

■ウォルマートが19日に発表した第1四半期(2月〜4月期)決算は、未曾有のパンデミックの影響による外出禁止令で、米国のライフライン(生命線)としての強さを見せつけた。

一方、ウォルマートは4年前に買収したジェット(Jet.com)を廃止することも発表した。

会員費等を含む総売上高は前年同期比8.6%増となる1,346.2億ドル。純利益は前年同期から3.9%の増加となる39.9億ドルだった。

ウォルマートは宅配サービスなどのネットスーパー拡大に伴い、3月中旬以降に23.5万人を新規に採用。

店舗消毒や感染防止策、さらに2度にわたる従業員への臨時ボーナス(計7.55億ドル)もかさみ、新型コロナウイルス関連費用として9億ドルを計上した。

 売上高の約6割を占める国内のスーパーセンターやディスカウントストアなどウォルマートUSの売上高887億ドルと前年同期比8.4%の増加だった。

ウォルマートUSの既存店・売上高前年同期比(ガソリン販売は除外)は前代未聞の二桁増となる10%の増加となった。

新型コロナウイルスの影響で生鮮食品などの食品にトイレットペーパーなどの生活必需品、さらにはヘルス&ウェルネス商品の売れ行きも好調だった。

これにより2014年8月〜10月期から23四半期連続で前年を上回っている。

内訳は客数が5年ぶりにマイナスとなる5.6%の減少。逆に客単価は16.5%の増加だ。

自宅待機で買い物などの外出を控えながらも、ショッピング時は食品や生活必需品を買いだめしていたことが浮き彫りになった。

Eコマース売上高は前年同期(37%増)の2倍となる74%の増加だった。パンデミックに伴う需要の増加をにらみ宅配サービスなどネットスーパーを強化したことが奏功した。

ウォルマートは注文から2時間以内に宅配する「エクスプレス・デリバリー(Express Delivery)」も先月から拡大中で新規客の獲得にもつながっているという。

なお宅配サービス対応店は1,600店以上、カーブサイド・ピックアップについては3,000店以上になっている。

 サムズクラブの売上高は152億ドルとなり前年同期比9.6%の増加だ。既存店ベース(ガソリン販売は除外)は12.0%の大幅増となった。

ウォルマートUSとは逆に客単価は0.1%の増加にとどまる一方、客数は11.9%の大幅増となった。サムズクラブのEコマースも前年同期比で40%の増加となっている。

 ウォルマートは2016年8月に33億ドルで買収した会員制ネット通販事業のジェットを廃止する。

ウォルマートは昨年6月、経営資源をウォルマート・コムに集中するためジェットを統合することを発表しており、完全に統合化されたことで廃止となる。

なおジェット創業者であるマーク・ローリー氏はジェット売却直後からウォルマートのEコマース事業を統括するCEOに就いている。

ウォルマート第1四半期(2月〜4月期)
総売上・前年同期比:8.6%増
純利益・前年同期比:3.9%増
既存店・売上高前年同期比:10%増(ウォルマートUS)

ウォルマート店舗数(20年1月31日)
アメリカ国内店舗数:5,355店
スーパーセンター:3,571店
ネイバーフッドマーケット:687店
ディスカウントストア:376店
小型店など:115店
サムズクラブ:599店
海外店:6,146店
総店舗数:11,501店

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。国内の週客数1.4億人と言われるウォルマートで既存店・売上高前年同期比が二桁増というのは爆増といっていいと思います。パンデミックに外出禁止令でウォルマートがこれまでの価格安いプライスリーダーから、電気や水道、ガスなどのような生活に不可欠なライフラインになっているということです。既存店の内訳では客数となるトランザクションがマイナスとなりましたが、「おこもり」用の買い占めで客単価は17%の爆増。興味深いのはサムズクラブがこの逆になっていることです。

客単価は横ばいでトランザクションは12%の大幅増。理由は明らかにされていませんが、サムズクラブではレジを素通りできるスキャン&ゴーで買い物をする人が急増したからだと思います。スキャン&ゴーは商品バーコードをスキャンしながら買い物して決済もアプリで行います。年配層などアプリ音痴もさすがに今回ばかりは行列や人との接触を避けるため(サムズクラブ全店で数年前から実施されている)アプリ機能を使い始めたのだと思います。

 コロナ禍でのライフラインによる売上バク増にサムズクラブで起きた客数と客単価の珍事も覚えておいてください。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  2. 2

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  3. 3

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  4. 4

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

  5. 5

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  6. 6

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  7. 7

    GoTo政策前倒し 感染続く中愚挙

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  9. 9

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  10. 10

    セブン1強 商品に感じる安定感

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。