記事

後の最高裁長官も記者と賭けマージャン 検察司法とマスコミの腐れ縁

「アベ首相を政治資金規正法違反と公選法違反で捜査せよ」。市民たちが検察庁に押し掛けた。=1月、霞ヶ関 撮影:田中龍作=

 黒川弘務検事長と新聞記者との賭け麻雀で驚いてはいけない。これに勝るとも劣らぬほどの癒着は昔からあった。

 検察と裁判所は正義の味方である、と大方の国民が信じていた昭和51年頃の事だ。当時の司法クラブ詰め記者が明らかにした。

 エリート中のエリートである最高裁事務局の広報担当者A氏と司法記者が、記者クラブで賭け麻雀をしていたというのだ。A氏は後に最高裁長官となった。

 雀卓は司法記者クラブの共有スペースに置かれていた。司法記者クラブは現在のように東京地裁・高裁のビルの中ではなかった。地裁・高裁ビルと検察庁の間の敷地に独立した建物としてあった。

 A氏は麻雀を打ちながら、注目される裁判の争点などを解説してくれるため、各社の司法記者は喜んで雀卓を囲んだ。最高裁事務局は裁判所の人事を支配するばかりでなく、裁判の方針さえも決める。司法による世論誘導でもあった。

 話を明かしてくれた往年の司法記者は、肝心のレートについては語ってくれなかったが、「記者は(カネを賭けない)戯れ麻雀を打ったりしないからね」と不敵に笑った。

小沢一郎が「期ズレ」でデッチ上げられた陸山会事件。写真右は秘書だった石川知裕・元衆院議員。検察側の中心に黒川氏がいたとされる。=2013年、都内 撮影:取材班=

 司法記者クラブと裁判所のギブ&テイクはこうだ―

 裁判所→ 記者クラブ「裁判の行方を解説(世論誘導)」「判決文の提供」「法廷の記者席提供」

 記者クラブ→ 裁判所「判決批判はしない」

 ちなみに検察担当は司法記者クラブに所属する。新聞テレビが検察批判なんてできるわけないのだ。

 時の政権の都合で小沢一郎の失脚を図った陸山会事件では、検察がねつ造も含めてリークし、マスコミが提灯記事を書き立てた。

 森ゆうこ議員はその著書『検察の罠』で、黒川氏は「小沢を有罪にできる」と吹聴して回っていたと述べている。

 麻雀が取り持つ検察司法と記者クラブの腐れ縁。それは日本の民主主義を根底から歪めるものだった。根は深い。

  ~終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しないニュースを伝えます。政権やその補完勢力の幇間にはなりません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「黒川弘務」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  5. 5

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。