記事

検察庁法改正案は違法行為を「後付け」で合法にするため、まさに「不要不急」である

田原総一朗です。

今問題になっている検察庁法改正案の問題は、まったくむちゃくちゃとしか言いようがない。
そもそもの発端をおさらいしてみよう。
黒川弘務検事長は63歳の誕生日である、2020年2月8日の前日に退官予定だった。
しかし、その1週間前である1月31日、内閣は、黒川検事長の半年間の、定年延長を閣議決定したことだ。

検察庁法には定年延長の規定がないため、法的根拠がなく、野党が「違法ではないか」と指摘し、大問題になったのだ。
これに対して、森まさこ法務大臣は、「一般の国家公務員法の延長規定を適用され、問題はない」と答弁した。

しかし、1981年の国会で、人事院幹部が、「国家公務員法の延長規定は検察官には適用されない」と、はっきりと答弁しているのだ。
すると、その後森法務大臣の国会答弁は、二転三転してしまった。

閣議決定された時期は、「桜を見る会」を私物化しているとして、安倍内閣に批判が集まっていた。
その時期に、なぜわざわざ一人の検察官の定年に、こだわったのか。
安倍内閣に近い黒川氏を検事総長に就任させ、森友、加計学園疑惑、そして「桜を見る会」の問題を、司法上有利に導こうという狙いがあるとしか考えられない。

そして、明らかに違法である黒川氏の定年延長を正当化するため、いわば「後付け」で、検察官の定年を延長する内容の、今回の検察庁法改正案提出となったのである。

5月15日には、松尾邦弘元検事総長、堀田力元法務省官房長ら、検察OB14人が、「政治権力の介入を正当化し、検察の力をそぐ」などと法案の撤回を求める意見書を法務省に提出した。
元検察トップが公然と法案を批判するのは、極めて異例である。

国民全体で新型コロナウイルスと闘う今、このような法案を出すことが、国民の神経を逆なでするのは当然であり、検察OBだけでなく、多くの国民、芸能人からも批判の声が噴出している。

そして、もし本当に検察を、自分たちの都合のよいように動かせると思っているのなら、国家を、国民を、甘く見過ぎている。安倍首相に政治家としての資格はない。

さすがに世論の強い反発で、政府は18日朝、今国会での成立を見送る方針を固めた。
検察庁法改正案こそが、まさに「不要不急」だということだ。

あわせて読みたい

「検察庁法」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  4. 4

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  5. 5

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  6. 6

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  7. 7

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  8. 8

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  9. 9

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

  10. 10

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。