記事

文春に記事差し止めを請求 事務所社長がアイドル志望者に“わいせつカメラテスト”トラブル - 「週刊文春」編集部

 2012年に名古屋で結成され、いまや全国区の存在となったご当地アイドルグループ「dela」。同グループの運営会社「エムディーエム」の代表取締役を務めるプロデューサー・中村浩一氏(52)が、デビュー志望の女性に対して“わいせつカメラテスト”を実施し、訴訟トラブルとなっていることが「週刊文春」の取材で分かった。

【画像】わいせつ行為を行った中村浩一氏

 5月15日、その中村氏を相手取り、「dela」の加入を目指していたA子さんが330万円の支払いを求める民事訴訟を提起した。発端となったのは、2月15日に行われた“カメラテスト”だった。


「dela」は地元イベントに多数出演

「その日、彼女は中村氏から『カメラテストをしよう』と言われて、電車の中で痴漢するシーンが撮影されることになった。ビデオの録画ボタンを押した中村氏は、ズボンの上から陰部を触らせてきたといいます。さらに中村氏は下着姿となり、彼女のブラジャーの中に指を忍ばせたたり、彼女の尻を触ってきたのです。彼女の抵抗を意に介さない中村氏は『ティッシュ持ってきて』と言い、しまいには射精したというのです」(A子さんの知人)

 被害にあったA子さんが悲痛の胸の内を明かす。

「あの日、家に帰った後、私は恐怖と悔しさで何時間も泣きました。私の心は傷がついたままです。このような被害者が増えないことを願っています」

 中村氏とは、一体どのような人物なのか。

「中京大学を卒業後、広告代理店を経て独立。奥さんと息子の3人家族です。地元では、赤色のBMWを乗り回す業界人として知られています。SNSにツーショットをあげるなど、河村たかし市長らとの親交も深いようです」(中村氏の知人)

 中村氏は、「週刊文春」の取材に対し、性的な行為の存在を認めつつ、「僕、何度も(A子さんから)誘われたんです」と主張。さらに5月19日には、中村氏の代理人弁護士が、東京地裁に対し、深刻な名誉毀損の恐れがあるなどとして、記事掲載差し止めを求める仮処分を申し立てた。だが、翌20日、東京地裁は「記事の内容が真実に反するとは認められない」、「記事の差し止めが相当とされるプライバシー侵害があると認められない」などとし、中村氏の申し立てを却下した。

 中村氏は、「週刊文春」に対し「事実関係におけるA子さんと私の認識は異なります。しかしその認識の違いが生じたことそのものが私の至らなさであり、真摯に反省したい」と回答した。

 いくつものアイドルグループをプロデュースし、「週刊プレイボーイ」4月27日発売号で地方アイドルグループの運営についてのインタビューに答えるなど、業界に大きな影響力をもつ中村氏。その中村氏によるアイドルやデビュー志望の女性に対するわいせつ行為は、今後、大きな論議を呼びそうだ。

 5月21日(木)発売の「週刊文春」は、中村氏による「わいせつカメラテスト」の実態を報道。A子さん以外の未成年を含む被害者や、現役メンバーが愛知県警に訴えた被害の内容についても詳しく報じている。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月28日号)

あわせて読みたい

「わいせつ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  3. 3

    感染拡大要警戒 不安煽ると指摘

    内藤忍

  4. 4

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  5. 5

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

  10. 10

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。