記事

マスクは買えるように それなのにアベノマスクは?

軽井沢でも、ようやくマスクが買えるようになりました。昨日から大きなスーパーのツルヤで、50枚入りが1799円プラス税で、1人2箱まで買えます。

軽井沢だけでなく、御代田のツルヤでも、山積みにして売っている、ということです。グループLINEで、情報を共有しています。東京はどうかを息子たちに聞いたら、東京でも買えるようになっている、とのこと。軽井沢でも、買えない間は、手作りマスクを作る人が多く、私も何枚か、いただきました。

また、ハンカチとゴムを使って、縫わなくてもよい簡易マスクの作り方もあり、いよいよとなれば、そうしようと思っていました。マスクの入手が非常に困難だった時でも、世帯の人数は違うのに、いつもの世帯単位の考え方で、1世帯2枚ずつ布製マスクを配布、それに460億円余りかかる言われていましたが、実際は91億円とか、わけがわからない状態で、「アベノマスク」と揶揄されていました。

しかも、先行配布した妊婦向けなどに、汚れやほつれなどがあり、回収されることになり、点検に8億円かかるとか。現在でも、長野県は準備中とのことで、全体で1割位しか配られていないようです。もう止めればよいと思いますが、一度決めたことは止められない、ということでしょうか。

安倍首相は、全世帯への布マスク配布の「成果」として、市中にマスクが出回るようになり、価格が下がってきた、という認識をインターネット番組で発言し、「荒唐無稽」などと懐疑的な声が広がっています。マスクの販売価格が下がり、買えるようになってきた背景には、流通状態の改善があり、「従来の流通経路とは違うルートで中国からマスクが入っていて、だぶついているのが要因」とされています。

安倍首相だけが、意地になっているかのように、何回洗ったのかわかりませんが、小さな布マスクをしているのが、滑稽にさえ見えます。他の閣僚たちは、もっと大きなマスクをそれぞれしているのに。意思を通す場面が間違っている、と思うのは、私だけではないと思いますが。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。