記事

欧米メディアがざわつき始めた日本の死者数の奇跡的な少なさ

1/2

さて、自国内の新型コロナウイルス感染爆発の対応で手一杯であった欧米諸国ですが、ここに来て感染者数、死亡者数ともに発生件数がようやく減少傾向を見せてきています。

第二波を警戒しつつロックダウン(都市封鎖)緩和に一斉に舵を切り始めています。

(関連記事)
欧州各国でロックダウン緩和へ 死者数の減少受け
https://www.bbc.com/japanese/52702252

さて少し余裕ができたため、という訳でもないのでしょうが、ここにきて欧米のメディアで、自国だけでなく世界各国の動向を取り上げる記事が増えています。

で、日本の感染者数と死者数が桁違いに少ないのはなんなんだ?と、ざわつき始めているのです。

日本の感染状況の特異性が取り上げられる頻度が高まっています。

G7各国の感染状況を数値で押さえておきましょう。

表でまとめます。

※札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html?kw=japan
※上記サイトなどのデータを情報ソースとして『木走日記』作成

感染者数、死者数、100万人あたりの感染者数、100万人あたりの死者数、すべての数値で日本が最小であることがわかります。

特に注目いただきたいのは、4番目の列の『100万人あたりの死者数』であります、日本は文字通り桁違いに少ないことが見て取れます。

日本の特異性が象徴的にあらわれています、グラフで確認します。

※札幌医科大学医学部 附属フロンティア医学研究所 ゲノム医科学部門

https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html?kw=japan
※上記サイトなどのデータを情報ソースとして『木走日記』作成

日本の『人口100万人あたりの死者数』6.03人ですが、イタリア529.38人や英国512.57人に比べると80分の1以下であり、ヨーロッパの中で死者数を低く抑えている優等生であるドイツ95.57人と比べても、15分の1以下と、「桁違い」に少ないわけです。

この特異な日本の数値に対して、欧米メディアがざわついているのです、わけがわからんと。

一例を取り上げましょう。

米外交誌フォーリン・ポリシー(電子版)は14日、日本の新型コロナウイルス感染対策はことごとく見当違いに見えるが、結果的には世界で最も死亡率を低く抑えた国の一つであり「(対応は)奇妙にもうまくいっているようだ」と伝えています。

Japan’s Halfhearted Coronavirus Measures Are Working Anyway
とにかく日本の中途半端なコロナウイルス対策が機能している
https://foreignpolicy.com/2020/05/14/japan-coronavirus-pandemic-lockdown-testing/

記事は、日本は中国からの観光客が多く、ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)の確保も中途半端だと指摘。感染防止に有効とされるウイルス検査率も国際社会と比べ低いが「死者数が奇跡的に少ない」と評します。

記事は「結果は敬服すべきものだ」とする一方、「単に幸運だったのか、政策が良かったのかは分からない」と述べます、また、数的に証明はできないが、日本人の衛生意識の高さや握手をしない習慣などが死者数の低さにつながっているとの見方を示します。

この記事は非常に丁寧に取材されており、例えば、検査数が少なかったのは日本の医療体制が整っていなかったことを日本の医師会も認めていることや、感染女性が東京から長野県に帰省し、感染を知りつつ犬が心配でバスで東京に戻ってしまったエピソードまで、詳細に報じています。

欧米のような強制的な都市封鎖ではなくあくまでも「要請」なのに従順に従う日本人の国民性などにもふれています。

一方的な日本賛辞でもなく、単純な日本批判でもなく、この記事が持つ冷静なその視点は好感を持てます。

記事の結びの一文が印象的です。

As everywhere, the big question will be whether Japan can safely take its foot off the brake without creating a new crisis—but perhaps also why it didn’t have one in the first place.
いずこも同じだが、大きな問題は、日本が新たな危機を発生させることなく安全にブレーキを外していくことができるかどうかである、たぶんそもそも危機が(日本には、はなから)なかったのかもしれないのだが。

理由は分からないけれども、何万人も死者を出す欧米のような「危機(クライシス)」は日本には発生しなかった、そもそも日本では危機はなかったかも知れないと結ばれているのです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。