記事
  • ヒロ

「9月入学」は総力を挙げて実現せよ

1/2

4月30日のブログで「降って湧いた9月入学議論」を書いた時は入学時期の変更が今年の9月の可能性もゼロではないという感じでしたが、あれから数週間経ち、圧倒的話題にはなっていないものの議論は進んでいます。今年の9月実施議論というのはやはり、時間的問題がありますので可能性はすぐに消えましたが来年の9月の移行を軸に様々な議論が進んでいくことになりそうです。

19日には官邸で関係官庁(文科、厚労、経済産業各省)の次官級協議が開催され、問題点の整理を6月上旬ぐらいまでに行うこととなりました。現在、主流の案は来年9月の全面移行と「生徒数のしわ寄せ問題」を解決するため、来年9月から5年かけて段階的に行うというものであります。

少なくとも議論が進んでいるというのはありがたいことで今度こそは実現させてもらいたいものであります。

明治時代は9月入学であったのですが、徴兵制の関係で4月入学に強制的に変えさせられたという歴史があります。その点では4月入学は戦争時代の名残ともいえる「悪しき記憶」と言ってしまえば詭弁ですが、日教組などは飛びついて9月入学に賛意を示すのではないでしょうか?

その後も「中曽根康弘内閣の1987年、当時の臨時教育審議会は秋季入学について『大きな意義が認められ移行すべきだ』としながらも、『意義と必要性が国民一般に受け入れられているとはいえない』と先送りを提言。その後議論は立ち消えとなった」(日経ビジネス)とあります。

87年と言えばバブルの盛りで当時は天動説ならぬ日本中心主義的な発想がなかったとも言えず、「意義と必要性が国民に受け入れられなかった」というのは国際化とは何ぞや、学びたい者があれば日本のスケジュールに合わせよ、ぐらいの超強気姿勢であったと推測します。(私のバブル時代の経験からはそんな風潮が世の中一般で見られました。)

そんな強気一辺倒の姿勢が一気に崩れたのが90年代でそのあたりから教育に関する国際ランクは下落を開始します。特に2000年代初頭あたりからの読解力などの下落が顕著になっていますが、これはバブル後に生まれた子供たちとIT化の普及、更にマニュアル文化の社会的浸透(=コンプライアンス重視社会)あたりが強く影響してのだろうと思います。個人的にはそれ以外にメンタル面でのバブル後遺症が大きく、一種の「5月病」的状況が続いているのではないかと察しています。

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。