記事

救国内閣 「右大臣・玉木雄一郎 左大臣・山本太郎」

「10万円給付」をいち早く打ち出したのが玉木雄一郎だった。=3月、国民民主党本部 撮影:田中龍作=

 ゼロからこの国を作り直すチャンスがめぐってきた。

 自民党も酷いが、野党はもっとどうしようもない・・・この認識が国民の頭に固定化されている。安倍政権がどんなにお粗末な政策を続けてこようが、選挙で野党に負けることはなかった。

 ところがコロナ対策で政権党の自民はすっかり信用を失ってしまった。

 とくに10万円給付のもたつきは、人々の死活に関わるだけに、「消えた年金問題(2007年)」以上の致命傷となりかねない。

 そこに来て黒川法案の大混乱があった。自民はヨレヨレだ。

 国民を糾合できる新勢力が登場すれば、自公政権をひっくり返すのも不可能ではない。救国内閣を作るのだ。

 国民と対話ができ、「こうすれば皆さんの生活が楽になりますよ」と無理なく説明できる政治家がいればよい。

 今それができるのは玉木雄一郎と山本太郎だろう。

国民に語りかける山本太郎。街宣にはいつも大勢の聴衆が詰めかけ真剣に耳を傾ける。=2019年8月、新宿 撮影:田中龍作=

 大蔵省(現財務省)出身の玉木が説く緊急経済政策は、具体的でかゆい所にも手が届く。財政の現場を熟知しているからだろう。無理がない。

 山本太郎は貧困の現場を歩いてきた。コロナ不況でこの先、貧困層が増えることは避けられない。

 誰がどう困っているのか。どこにどんな政策を充てればいいのか。山本は手に取るように知る。1千万人を超える層が山本に救われるだろう。   

 玉木は5月1日の定例記者会見で、自民党議員に集団離党を呼びかけた。

 これより2日前の4月30日、山本も記者会見で同じような発言をしている―

 「自民党の若手や野党の良識派と一緒にやりたい」「玉木代表とは考え方が合う」と。

 ある野党関係者は「2人がよく話し合ってることは確かですよ」と証言する。

 玉木、山本とも根は保守だ。自民党に十分手を突っ込める。

 政界を熟知する亀井静香は「右大臣玉木雄一郎、左大臣山本太郎」(月刊日本・2019年12月号)と太鼓判を押す。

 小選挙区制の下で政界再編はできっこない、なんて諦めたら、アベ一派と一緒に沈んでいくだけだ。(敬称略)

  ~終わり~

   ◇
『田中龍作ジャーナル』はマスコミが報道しないニュースを伝えます。政権やその補完勢力の幇間にはなりません。

取材には交通費等がかかります。ご支援何とぞお願い申し上げます。↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「山本太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  7. 7

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。