記事

慶応・中室牧子「9月入学を考える」は言うほど酷いか?

 ヒマネタに類する話題ですが、例の「9月入学」論にあたって、いま半年遅らせて9月入学にするか、段階的に一か月ずつずらすかみたいな検討会が行われている最中です。

 もともとギャップイヤーや9月入学についてはもう10年以上前から議論になっていたものの一向に話が進まず、高等教育での入学時期ズレのお陰で留学や単位交換が進まないと言った弊害をどうにかしろという要望は出ていました。私個人の考えで言うならば、もしもコロナウイルス対策で3月4月5月に授業ができず、夏休みを潰して帳尻を合わせるぐらいなら、長年の懸案だった9月入学の検討を進めても別にいいんじゃないのという消極的賛成派です。

 そこでエビデンスベースドの流れから教育経済学的な考え方や、高大接続その他の学力観の問題について詳しい人たちがオンライン上で集まってあーだこーだ議論が盛り上がっているわけなんですが、中でも賛否両論というか酷評気味な感じで取り上げられていたのが慶應義塾大学教授の中室牧子さんのプレゼンでした。

科学的根拠に基づいて「9月入学」を考える
https://drive.google.com/file/d/1wGoEJPGRlSzFjOrqlQ-p5wsCZJqRiKZf/view

 見物に行ってみたのですが、言われているほど悪くもなく… というか、ギャップイヤーの議論はともかく、そもそも感染症対策で安倍ちゃんが思いつきで全部学校を3か月閉めるという時点で化学的根拠がないし、調査票が取れる前例もない(あるわけない)ので、中室せんせに限らず「科学的根拠を出せ」と言われてもあるわけがないんですよね。いままで起きたことがないし、データもないんですよ。

 資料の中にあった通り、長時間の休みで学力が落ちた、学校が閉まっていたので成績の良い子はより良く、悪い子は墜落したとか、それって要するに酒を飲んだら酔っ払った程度のエビデンスしかいまのところないわけです。生涯の逸失所得が増えるとか書かれていますが、最大の逸失所得はいま目の前で倒産の危機に瀕しているサービス業の皆さんやフリーランスの方々、そしてこれから社会に出るはずだった新社会人の皆さんこそが最大であって、何をのんびり半年学校がないことの生涯賃金の低下を推計出してるのかという話は当然出ます。

 それでも、ギャップイヤー気味に「9月入学」という話があるからには、単に時期をずらすということではなく、オンラインを使った学び、子どもや学生が主体的に参加し、教える教師ではなく授業をきちんとファシリテートする能力をどう教員が養うのか、あるいはプログラミングやSTEM教育、英語教育も含めた教員外の外部人材を使った学校の現場に加えて、むしろ「何を増やすか」だけでなく「どう教師の負担を減らすか」も含めた学校改革が必要なのだという議論は出るでしょう。

 さらには、いま日本で進めている6/3/3/4の学校制度は望ましいのかどうか、あるいは3歳以上から義務教育にする制度の推進、ギフテッド/2e教育の拡充など、日本が本来必要としている初等中等教育の在り方をきちんと議論せえや(単に「9月入学」の文脈でだけエビデンス掘り起こして是非判断するなや)という気持ちになります。

 熾烈すぎて問題になっている中学受験についても、学校教育と狭き門を維持したい私立学校の間でミスマッチが広がり、学校の教育をおざなりにしてSAPIXや早稲田アカデミー、四谷大塚など大手進学塾の週間試験の成績に一喜一憂する受験一家の弊害なんぞもきちんと含んだうえで、より意欲的に「日本が将来必要とする、活躍する日本人像」に向けた学力観の構築が必要なんじゃないかと思うんですよ。

 むしろ、学校が休校している間に運動不足になる子どもたちのためにどういうケアをするべきなのか、家の中にいることの多くなった子どもがきちんと父親・母親との間で然るべき良好な関係性を維持しているのかといった、家庭の機能をきちんと考える必要があります。「9月入学を進めると、子どもの生涯収益が損なわれます」というのもまあ分かるんですが(実際にエビデンスを出せと言われるとそういうのしか出てこない現実もありますが)、学びをどう変えていくのか、何を目指していくのかにももう少し注目し、また学校の現場の大変さに加えて家庭の機能の再認識も含めた「子どもを取り巻く総合的な環境」について議論していかないといけないんだよなあとも思います。

 別に「どうせコロナなんだから、必要なことを大胆にいろいろやっちまえ」と乱暴に言うつもりもないのです。ですが、上手い形で実施計画を組むだけでなく、将来こういう子どもに育ってほしい、頑張って良い日本人になり、良い父親母親になっていってほしいと思えるような心と未来の問題にもフォーカスしていっていただき、それを実現するにはどういう制度か、何の技術か、いかなる教育かと考えて欲しいなということで。

山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15879273/
山本一郎(やまもといちろう)YouTube



やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。