記事

モーニングショー 検査を増やして不安を取り除いて経済を PCR、抗原検査ではダメです 抗体、細胞検査なら未来になんとか

昨日のモーニングショー、ブログ記事とかぶっていたのでびっくりしました。そしてやはり4日我慢しろといった政府の指導が悪かったと予想通り進行していました。

そして玉川さんまたやってくれました。PCR検査の感度が悪いのは検体の取り方が悪いせいだ。唾液でやればきっと偽陰性が減る。この場面を伝えるツイートです。(ただツイートと少しニュアンスは違うと思います。元動画はこちら)
唾液で本当に感度が上がれば良いと思います。検体採取検査手技で感度が違うことはインフルエンザの抗原検査でも事実です。でもね、全世界でやって、それこそ一人の患者さんで何回やっても出ない時はあるわけで、それが唾液を使ったら絶対出るという話はどこにも証明されていないんですよ。唾液の検査データは咽頭拭いに負けないというもので、優れているという結果ではないのですから。(感染防護の上では優れています)

そして経済の小林先生との対談。PCRにはこだわらず抗原検査まで取り上げて、とりあえず市場に出ている感染者を0にしようという案です。(理想的な)検査を実施することで不安を除去しようという提案です。

いわゆる免疫パスポート理論ですが、これは考え方としてそこまで悪くはありません。ただ根本において問題なのは、PCRも抗原検査も原理上その時の陰性しか保証しないということ、永久の保証、免疫パスポートにはなり得ないということです。

例えば2週間で全員に検査をやっても、検査の翌日感染することもあります。そしてそれは陰性とカウントされるということになりますので医学的には全く無意味な検査です。それでも不安除去として雇用を産むことなど経済的には意味があるかもしれませんので100%は否定しませんし、珍しく番組でもこの検査を絶対やれとは言ってなかったとは思います。ただしつこく書きますが、この目的のためのPCRや抗原検査は医学的に非効率でお金の無駄遣いです。

ではいわゆる免疫パスポートに適した検査は何か。現在の抗体検査ではダメですが、今後中和抗体を認識できる検査ができれば可能性として出てきます。またサイエンスに解説されている細胞性免疫検査もパスポートとして使える可能性があります。(もちろん今ではまだダメですが)(未感染者の半数、すでに免疫?…他のコロナウイルス感染の経験影響か

免疫の話がどんどん出てきてます。それこそ集団免疫に6割の感染はいらない可能性も出てきてるということです。だから免疫って楽しいんです。そしてウイルス感染免疫って大変なんです。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  3. 3

    宮内庁長官の“陛下が五輪懸念と拝察”発言 記者から「発信していいのか」と確認も

    BLOGOS しらべる部

    06月25日 14:08

  4. 4

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  5. 5

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  6. 6

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  7. 7

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  8. 8

    ワクチン予約サイトの「.com」運用に疑問 行政はドメイン名で信頼性を担保して

    赤木智弘

    06月25日 10:24

  9. 9

    「五輪は延期か中止を」立憲民主党東京都支部連合会長妻昭会長

    安倍宏行

    06月25日 12:31

  10. 10

    営業職の約8割「嫌な思いした」誰得営業が発生する現実

    キャリコネニュース

    06月25日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。