記事

ソニーはコロナ禍でも成長を止めない

世界的に感染が広がる新型コロナウイルス。暗いニュースばかりが続く中で、目を引いたのが、ソニーの経営方針説明会です。「ウィズコロナの時代に成長していきたい」と社長兼CEOの吉田憲一郎氏は述べました。

ソニーは19日、金融事業を手掛ける上場子会社のソニーフィナンシャルホールディングスを完全子会社化することを発表しました。TOB(株式公開買い付け)により、ソニーフィナンシャルの全株の取得を実施。費用は、約4000億円を見込んでいます。

ソニーフィナンシャルは、傘下にソニー銀行や生保・損保を抱える金融子会社で、20年3月期の営業利益は1296億円と安定事業でもあります。完全子会社化することによって、安定した収益をあげている金融事業の利益全体を取り込む狙いと見られています。

「完全子会社化によって、22年3月期以降、年間400億円から500億円の金融事業の純利益を見込んでいます」と、吉田氏は、経営方針説明会の席上、述べました。

ソニーはまた、同説明会の席上、来年4月1日付けで、社名を「ソニーグループ」に変更することを発表しました。

ソニーグループは、グループ全体の本社機能を担う会社とし、ソニーの名称は、エレクトロニクス事業を担う会社が引き継ぐことになる予定です。

エレクトロニクス事業を担う新生ソニーの詳細については、8月頃に開く説明会で明らかにされるとのことですが、いよいよもって、前社長の平井一夫氏の路線を引き継いだ吉田氏の目指す方向性が明確になってきたといっていいでしょう。

ここ数年、ソニーの収益を支えてきたのは、リカーリングビジネスです。ゲームや音楽分野などにおける継続課金モデルで安定した収益を上げ、ハード依存ビジネスから抜け出したといえます。

それに加えて、安定性のある金融事業の収入を取り込むというわけですね。

コロナ禍の逆風の中、厳しい業績の対応を急ぐ企業が少なくありませんが、ソニーはコロナ後に目を向けつつ、どこに商機を見出せるか、知恵をしぼっています。

それができるのも、平井体制での絶望からの奇跡の復活、そして、それに続く吉田体制による変革の道筋があるからだといえるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。