記事

ソニーはコロナ禍でも成長を止めない

世界的に感染が広がる新型コロナウイルス。暗いニュースばかりが続く中で、目を引いたのが、ソニーの経営方針説明会です。「ウィズコロナの時代に成長していきたい」と社長兼CEOの吉田憲一郎氏は述べました。

ソニーは19日、金融事業を手掛ける上場子会社のソニーフィナンシャルホールディングスを完全子会社化することを発表しました。TOB(株式公開買い付け)により、ソニーフィナンシャルの全株の取得を実施。費用は、約4000億円を見込んでいます。

ソニーフィナンシャルは、傘下にソニー銀行や生保・損保を抱える金融子会社で、20年3月期の営業利益は1296億円と安定事業でもあります。完全子会社化することによって、安定した収益をあげている金融事業の利益全体を取り込む狙いと見られています。

「完全子会社化によって、22年3月期以降、年間400億円から500億円の金融事業の純利益を見込んでいます」と、吉田氏は、経営方針説明会の席上、述べました。

ソニーはまた、同説明会の席上、来年4月1日付けで、社名を「ソニーグループ」に変更することを発表しました。

ソニーグループは、グループ全体の本社機能を担う会社とし、ソニーの名称は、エレクトロニクス事業を担う会社が引き継ぐことになる予定です。

エレクトロニクス事業を担う新生ソニーの詳細については、8月頃に開く説明会で明らかにされるとのことですが、いよいよもって、前社長の平井一夫氏の路線を引き継いだ吉田氏の目指す方向性が明確になってきたといっていいでしょう。

ここ数年、ソニーの収益を支えてきたのは、リカーリングビジネスです。ゲームや音楽分野などにおける継続課金モデルで安定した収益を上げ、ハード依存ビジネスから抜け出したといえます。

それに加えて、安定性のある金融事業の収入を取り込むというわけですね。

コロナ禍の逆風の中、厳しい業績の対応を急ぐ企業が少なくありませんが、ソニーはコロナ後に目を向けつつ、どこに商機を見出せるか、知恵をしぼっています。

それができるのも、平井体制での絶望からの奇跡の復活、そして、それに続く吉田体制による変革の道筋があるからだといえるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「ソニー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  5. 5

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  6. 6

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  7. 7

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  10. 10

    緊急事態宣言の解除後からコロナ感染者数が増加 苦境に立たされる菅首相と自民党

    早川忠孝

    06月24日 22:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。