記事

「菅義偉官房長官が安倍政権を見捨てた」という謎記事がFACTAに掲載される

一読して「なんじゃこりゃ?」という記事が会員制月刊誌FACTAの政治欄に掲載され、そっち方面の物好きがオンライン上に集って意見交換をしております。クソ深夜なのにご苦労なことです。

 この記事は、巷の安倍政権批判の文脈において「官房長官の菅さんが、安倍政権を見捨てて守ろうとしなくなった」という意味合いをまぶして、むしろ菅義偉さんの人物像を否定死にかかっています。しかし、検察庁法改正のすったもんだで強行採決するのしないので全く逆の情報がさまざまなメディアから出て大騒ぎになっているこの状況で見ると、むしろ安倍官邸が用済みになりつつある菅義偉さんの「御役御免」の段取りを見据えている雰囲気にも感じられます。

安倍を見限る菅義偉 https://facta.co.jp/article/202006030.html

 安倍4選を目指して改造をするんだ、そこでは新官房長官に誰を据えるんだみたいな話はもちろん出回るのはもちろん仕方がないのです。でも、ただでさえコロナウイルス対策で疫学的にも経済的にも国民が大変なところに加えて、今回の検察庁法改正論議に米中対立で中国の船が尖閣諸島にたくさんやってきている現状を鑑みるに、結構な国難が目の前にあるのに大物人事で政権が動揺しているかのような話というのはさすがに国民からしても冷めます。

 さらには、緊急時対応のために憲法改正をというコメントが、憲法の日に安倍晋三さんから飛び出しまして、まあお日柄的にそういうことを言わなければならないというところは割り引くにしても、いま大変な時期に憲法改正のような本来安倍さんがやりたいそもそも論をぶん投げて国論を二分してしまう必要がどこにあるのか悩ましいのです。

 少し長いですが、重要な部分の引用。

[引用]
官邸官僚で菅氏が最も頼っている和泉洋人首相補佐官との「不倫疑惑」がスキャンダルになった大坪寛子内閣官房審議官は4月3日付で官邸の兼務を解かれ、厚労省専任に戻された。菅氏が避難させたにせよ、和泉氏の腕力を封じられた菅氏には大きな痛手だ。菅氏もやられっぱなしではない。与野党協力が必要なコロナ危機の最中、あえて野党の猛反発が必至な検察官の定年延長法案を国会に出した。「官邸の用心棒」と噂される黒川弘務東京高検検事長の検事総長就任に道を開く異例の定年延長閣議決定を後付けの法解釈で正当化するため、人事制度全体を変える強権手法だが、そもそも黒川氏と蜜月なのは菅氏である。安倍首相はこの件にほとんど関心がなく、「問題の本質をよく理解していない」(官邸高官)とも言われる。


--ここまで--
 ここでFACTAで記事を執筆している方の素性が何となく分かるわけですが(おそらくとても信頼のおける人物です)、しかしこの指摘が事実なのだとするならば、安倍官邸はいまここに及んでなお週刊文春に大坪寛子さんと首相補佐官・和泉洋人さんとの関係を文春にタレ込んだ人物すら掴めていないことになります。

 国民からすれば、いろんな人間同士の諍いはあるにせよコロナ問題で人の命と日本経済の命運がかかっているところで安倍晋三さんと菅義偉さんの間で「隙間風」と言われても途方に暮れてしまうわけで、まあだから記事では敢えて「ステーツマン(立派な政治家)」という表現で解き表しているのでしょうが、もうちょっとうまくやって欲しいと思うのです。

 いわば、隣の家が燃えた火がこっちに延焼してきそうで、一家で慌てて外に出て避難したら路上で夫婦げんかが始まったようなもので、ほんと途方に暮れるんですよ。このタイミングで元小池百合子さんの秘書であるプレジデント誌が「菅義偉・人生相談」とか、見ようによってはヒマコンテンツをぶっ込んできて、これが菅義偉批判に繋がっているのもまた知るべしというところなのですが。

 いや、ほんと「真面目に政治をやってほしい」という以外にないよなあという読後感と、失点続きの菅義偉さんを官房長官に据え続けてきた安倍晋三さんの気持ちをおのおの四十字以内で述べよ的な状況になっております。困ったもんだなあと。
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)
山本一郎(やまもといちろう)YouTube


やまもといちろうメルマガ「人間迷路」

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  6. 6

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  7. 7

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  10. 10

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。