記事

新型コロナ「子どもが手作りした医療用ガウンを寄贈」など“美談”は誤解招く?メディアが好きなイイ話

1/2

[画像をブログで見る]

幼稚園児や小学生、中学生らが手作りして寄贈した医療用防護ガウンは感染防止に役立つのか?

 ニュースを聞いてそんな疑問がわいた。

 その“善意”そのものにケチをつけているわけではない。

 「イイ話」だと筆者も思う。

 しかし“善意”“美談”として伝えるニュースの報道の仕方には疑問がある。

 筆者がひっかかったのは次のニュースだ。

「子供手作り『ポリ袋防護服』 兵庫・宝塚の学園 医師会に1400着寄贈」(毎日新聞・5月6日)

 新型コロナウイルスの感染拡大で医師や看護師らが着用する防護服の不足が深刻化する中、学校法人「雲雀丘学園」(岡村美孝学園長、兵庫県宝塚市)は1日、傘下の幼稚園2園、小学校、中学・高校の児童生徒や保護者らに呼びかけ、ポリ袋などを使って作製した「簡易防護服」計約1400着を宝塚市、川西市の両医師会に贈った。

出典:毎日新聞(5月6日)「子供手作り『ポリ袋防護服』 兵庫・宝塚の学園 医路師会に1400着寄贈」

 幼稚園児小学生中学生らが手作りした「ポリ袋などで作った簡易防護服」医療機関に贈られたというニュースだ。

 病院や診療所などで使われるという。

 学園では感染拡大で医療用ガウンが不足していることを知り、中山台幼稚園の長岡伸幸園長が、身近にあるものを使った簡易防護服作りを「子供たちや保護者らも参加した学園全体の社会貢献活動として取り組みたい」と提案した。

 簡易防護服の材料はポリ袋(45リットル用、30リットル用、20リットル用)やビニール袋で、はさみや粘着テープなどを使って作る。しかし、休園・休校中で集まる機会がないため、中学・高校の家庭科担当、和田由起子教諭の発案で、作り方を分かりやすく解説する動画(8分14秒)を製作。4月23日から動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信し、児童生徒らには家庭で作業をしてもらった。児童生徒らは、最前線で働く医師ら医療従事者に感謝の気持ちをつづった手紙も書いた。

 宝塚市医師会事務所には、長岡園長と和田教諭が約1000着を届けた。長岡園長は「思いのほかたくさん集まった。活用していただけるとうれしい」と話すと、宝塚市医師会の栗田義博会長は「医療の現場では足りなくて困っていた。十分に役に立ち、ありがたい。子供たちの励ましが何よりうれしい」と感謝した。

 受け取った防護服は、両市内の病院や診療所などに配布される。【土居和弘】

出典:毎日新聞(5月6日)「子供手作り『ポリ袋防護服』 兵庫・宝塚の学園 医師会に1400着寄贈」

 だが記事を読んでも、この「ポリ袋防護服』について医学的にウイルスの防御機能が十分なのかどうかはどこにも書いていない。

 幼稚園児や小学生が製作した物を誰がどのように製作指導して品質管理をしたのかも書いていない。

 幼稚園児や小学生だからきちんと製作しないとまでは言わないが、ちょっとした隙間などがあってもウイルスが入り込む恐れはあるものだ。

 一種の“美談”として情緒的に伝えているが、科学的ではない報道の仕方だと思う。

医療機関が使っても大丈夫なのか? 医学的にみて安心して使える物なのか??

 そう考えて他のニュースも見てみると、子どもなどの素人が医療物資が不足する状態にある医療機関などの窮状を救うために、こうした善意の寄贈をすることがあちこちでニュースになっている。

 防護服だけではない。

 手作りの防護服だけではない。

 小学生が手作りフェースシールドを寄付したというニュースもある。

手作りフェースシールド県に寄付 富山大付属小の張君(北日本新聞・5月14日)

新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者に役立ててもらおうと、富山大付属小学校5年の張契洙(チャンソルス)君が14日

出典:北日本新聞(5月14日)「手作りフェースシールド県に寄付 富山大付属小の張君」

 やはり子ども、それも小学生や幼稚園児という幼い子たちを登場させた方が「グッとくる」“美談”になるということだろう。

 子どもまで医療従事者を助けたいと必死に頑張って努力しているという報道。

 結局はメディアの側が「聞きたいニュース」「見たいニュース」を作り上げている構造があるのではないか。

 寄贈したのは保育園だが、製作した主体は子どもではなく保育士たちというケースもある。

 保育士の女性たちが心を込めて医療従事者のために製作したというニュースだ。

 製作したのはやはり医療用のガウンだ。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    静岡のメディア王と女子アナのW不倫疑惑 静岡新聞社長続投で問われるコンプラ意識

    渡邉裕二

    03月06日 10:44

  2. 2

    在宅勤務で気づいてしまった、通勤しただけで仕事やった感の勘違い

    かさこ

    03月06日 09:01

  3. 3

    小池百合子知事の耐え難い不誠実さ。公言した目標と「謝罪の言葉」はどこへ行ったのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    03月06日 11:29

  4. 4

    緊急事態宣言が延長へ 都民の恐怖心を煽る小池都知事の対応に苦言

    深谷隆司

    03月05日 17:44

  5. 5

    菅総理と尾身先生の会見 結局東京が協力しなかったというお話し

    中村ゆきつぐ

    03月06日 08:18

  6. 6

    緊急事態宣言延長 全ては恐怖から そしてそれを創り上げたのは東京都とメディア

    中村ゆきつぐ

    03月05日 08:15

  7. 7

    「コロナ禍でも拡大戦略」アパホテルが怒涛の新規オープンを続ける理由

    PRESIDENT Online

    03月05日 16:27

  8. 8

    予算審議で拍子抜けするほど迫力不足だった野党の追及 国民からの批判を怖れたか

    石破茂

    03月05日 16:07

  9. 9

    世帯年収600~800万円のリアル「下の子が私立高校で家計が火の車」「贅沢はできないがひもじくもない」

    キャリコネニュース

    03月05日 09:24

  10. 10

    人類は風邪を根絶し得たことはない「ゼロコロナ」を目指す立憲民主党はムチャクチャ

    ABEMA TIMES

    03月05日 14:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。