記事

『ヒルナンデス!』ロケ中止のピンチを逆手に スタジオにナンチャン1人も「逆に面白い」

●自宅のタレントに機器操作もおまかせ

新型コロナウイルスが猛威をふるい、各局が昼の時間帯で関連ニュースを報じる中、日本テレビ系情報バラエティ番組『ヒルナンデス!』(毎週月~金曜11:55~)への支持が上昇している。番組の主力であるロケが中止を余儀なくされてピンチのはずが、視聴率は4月の月間平均で4.3%、5月4日週の週間平均で5.2%(いずれも個人、ビデオリサーチ調べ・関東地区)と過去最高を更新した。

背景には、スタジオをMCの南原清隆1人だけにするという斬新な試みや、リモート出演を生かした生のゲーム企画、一筋縄にはいかないVTR企画など、制作陣の工夫があるようだ。演出の五歩一勇治氏に、リモート取材で話を聞いた――。

『ヒルナンデス!』MCの南原清隆 (C)NTV

○■放送2日前に導入決定

ロケ企画が多い『ヒルナンデス!』にとって、外出自粛要請は番組制作に大きく影響した。「もともと3月に北海道特集の放送を考えていたんですが、そのロケに行く直前に北海道の緊急事態宣言(2月28日)が出たので、出演者さん、スタッフ、取材先の皆さんを含めて安全策をとらないといけないということで、スタジオ企画などでできることをやっていこうとなりました」(五歩一氏、以下同)。

その前から、スタジオ企画が増え始めていたため、「せっかくだからいろいろやってみて、試してみよう」と取り組んできたが、4月に入ると、いよいよスタジオでも人を密集させない措置が求められることに。「だったらもう南原さんお1人でスタジオにいていただいて、ほかの出演者が中継で入ってくれば逆に面白いかなと思ってやってみました(笑)」と、現在の形態が固まった。

このスタイルは、4月6日の月曜日の放送から取り入れているが、決めたのは2日前の土曜日。中継で使用するシステムは、五歩一氏が別の番組でも使用した実績があったため、スムースに導入することができた。

○■やりたい放題のオードリー春日

こうして、各レギュラー陣が自宅や日テレ局内の会議室など、さまざまな場所からリモート出演するようになったが、その中でも異彩を放っているのが、日テレ本社ロビーから登場するバイきんぐの小峠英二だ。だだっ広いスペースにスタッフもおらず、1人でポツンと佇む姿がシュールで、その不憫な待遇にツッコミを入れ続ける姿が好評を博している。

「あのロビーに一般の方が入れない状況になっていて、ものすごく人が少なかったんですよ。なので、広い空間にポツンといたら面白そうだなと思って(笑)。それに、あそこには『THE突破ファイル』の巨大な内村(光良)さんのパネルもあるので、スタジオで南原さんが見て何か起こりそうだし、日テレが今こんなに人が少なくて安全だということも生で見せられると考えました」と狙ったが、「そしたら、あの状況を小峠さんが見事に生かしきってくれたんです」

ほかのタレントのもとにも、スタッフは派遣されておらず、自宅からの出演者にはスマートフォンやタブレットを渡して、操作も任せているそう。「久本雅美さんが3週目にしてようやくタブレットを縦画面にすることができて、全身の衣装を見せられて喜んでらっしゃって(笑)。リモートならでは面白さがありますね」

また、「(オードリーの)春日(俊彰)さんは本当に自由で、中継という“フィルター”が1個入るから、もうやりたい放題やってる感じです(笑)。芸人さん以外でも、関ジャニ∞の横山(裕)さんが、自分の部屋から持ってきたサングラスを突然かけたりとか、にこるん(藤田ニコル)も自宅から緩い感じを出してくれますし、それぞれの演者さんがスタジオじゃない場所だからこそ見せる新しい一面に、こちらが気付かされる部分もあります」と発見があったそうだ。

●“試していこう”から企画精度向上へ

『ヒルナンデス!』演出の五歩一勇治氏

これまでは、情報性のある企画を展開してきた『ヒルナンデス!』だが、最近では従来の「超限定マーケティング」のほかに、2画面の南原が出てきてどちらが生の映像かを当てる「生のナンチャンどっち!?」や、若かりし頃の小峠の写真を使った「超難問間違い探し」、東大生・松丸亮吾の謎解きクイズなど、生のゲーム企画を積極的に取り入れている。

その狙いは「お子さんや若い方も平日の昼に家にいらっしゃるので、家族で楽しめる面白い企画だったら試そうという発想でやっています」とのこと。

ただ、「4月いっぱいは“試していこう”という企画が多かったんですけど、5月からは何でもかんでも試すというより、少し精度を上げてブラッシュアップしていく段階に入ってます。これからコロナの事態が少しずつ変化していけば、スタジオの出演者の数が増えるかもしれないですし、各曜日メンバーの特性を生かした企画をやっていければと思います」と方針を語る。

○■過去のロケVTRにも“今の面白さ”を

一方、従来のロケ企画は、植松晃士のファッションチェックなど、リモート形式で実施。また、過去のロケ企画を再編集して流すこともあるが、その中でも5月6日の放送は、番組時間のほとんどを「見ると癒やされる阿佐ヶ谷姉妹2人旅 完結編」が占めたことで話題となった。

この真意を聞くと、「2月上旬にロケをしたんですが、ものすごく撮れ高が良くて(笑)。もともと1時間尺で2本くらいかなと思ってたんですが、あっという間に2時間が3~4本行ける面白さだったので、未公開も含めて完結編で放送しました。面白いものはとにかく長くても出していくという考えです」と明かす。

過去に放送したロケを再び流す場合は、「単なる総集編じゃなく、カメラマンの目線で振り返るなど、付加価値を入れるというのを意識しています」という考え。その中でも、11日の放送では、チョコレートプラネットの世界一周旅を流す間、出演者が映るワイプで間違い探しを行うという企画が行われた。

出演者からは「VTRに集中できない(笑)」という声もあがったが、「一度放送した素材だからこそやってみたアイデアで、“今の面白さ”を入れるというのをスタッフが意識している結果だと思います。曜日によっては『今週から総集編はやらず、全部新撮でいきます』というチームもありますね」という。

○■コロナ禍で積極的に挑む日テレ

日テレでは、『世界の果てまでイッテQ!』でMC・内村光良以外の電話出演するメンバーの発言をグループLINE風に表示したり、『ぐるナイ』の「ゴチになります!」で全員がリモート参加したり、『有吉の壁』で芸人たちが自宅から参加する「なりきりの壁を越えろ!スターの自宅公開選手権」を展開したりと、コロナ禍ならではの工夫を凝らした企画に積極的に挑んでいる印象だ。

それを受け、五歩一氏は「思いつかないアイデアがどんどん出されるので、それぞれが番組独自の取り組みを突き詰めている感じがします」と局内の雰囲気を明かしつつ、「『ヒルナンデス!』らしいことができれば」と意欲を示している。

●五歩一勇治1977年生まれ、01年に日本テレビ放送網に入社し、『進ぬ!電波少年』のADを務める。04年日テレ アックスオンに入社し、『のどじまん THEワールド!』(11年~)企画・演出、『歌唱王~全日本歌唱力選手権~』(13年~)企画・演出で、南原清隆と初仕事。12年には映画『ヒノマル♪ドリーム』の監督を務め、17年12月から『ヒルナンデス!』演出。

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝のPCR巡る報道に医師怒り

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    相次ぐ企業赤字 観光自粛に異議

    青山まさゆき

  3. 3

    徴用工問題は日韓政府が解決せよ

    ヒロ

  4. 4

    菅氏vs沖縄知事 コロナ巡り応酬

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    自民議員 徴用工巡り対韓制裁も

    赤池 まさあき

  6. 6

    宮崎駿に学ぶ メモしない発想法

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    文科相が一部大学の授業を批判か

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    韓国語だけ水有料表記 会社謝罪

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    「謎の種」中身はミントやトマト

    SmartFLASH

  10. 10

    橋下氏 生産性の低い国会に苦言

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。