記事

西村大臣の「気が緩んでいる」発言への違和感、不快感



数ヶ月前から狙っていたGUCCIのカードケースを、ついカーっとなって買った。後悔はしていない。フォーマルな格好で出かけることがなくなったので、よりカジュアルで、ポップなものを使おう、と。サイケで攻めているデザインだが、今の私に合っている。これ1つで現金、カード、名刺がすべて入るスグレモノ。カバンの中もよりスッキリした。スマートフォンとこれさえあれば、外出可能である。

こんな時期にブランド物の買い物かよと言われそうだが、今の自分にとって必要だと判断し。実際、モノが届いて気持ちも上がった。機能性も高く、生活が快適になった。なお、デパートも路面店も休業中なので、公式オンライン通販で購入した。この通販、なかなかナイスで、ギフトラッピングされていたし、店頭同様、持ち帰り袋も同梱。さらに、すぐに返品できるように着払いの伝票までついていた。ナイスだ。消費は社会に貢献している。



ところで、多くの県で緊急事態宣言が解除されているし、新規の感染者数も報道されている限りでは減少傾向なのは明らかであるが、これにより外出者も増えていると指摘されている。これに対して、西村経済再生担当大臣が「あちこちで気の緩みがみられると大変心配している」とコメントした。

たしかに、第2波の到来は各国でも起こっていることであり、懸念するべきことである。しかし、これを「気の緩み」と表現するのはいかがなものか。注意するべきは、「感染につながるような行動」であり、関連する指標で論じるべきだ。もちろん、会見では外出者数などについて触れているのだが。問いただしたいのは「気の緩みがみられる」と言ったが、西村大臣はこれをどのように測定したのか?

そもそも「気が緩む」という行為は批判されるべきなのか。我々は、緊急事態宣言下で生きている。アベノマクスに失望し、お魚券、お肉券、GO TO TRAVELなどの謎の案にうんざりする一方で、慣れない在宅勤務、学校の休校、さらには「自粛ポリス」の跋扈により、緊張感が伴う状態で生きている。リラックスしなくては、心身ともに疲れ果ててしまう。

もちろん、発言の意図は、外出、さらには感染につながるような人との接触(そう、外出と、人との接触はまた違う指標だ)を避けてほしいということだろう。だったら、「感染拡大につながるような行動は控えてほしい」とストレートにお願いするべきだろう。それを「気の緩み」と表現するのは、どこまでも精神論に走るこの国の政治家らしいというべきか。そして、この「気の緩み」なる言葉も「自粛要請」と同様の謎の日本語である。

政権への怒りは燎原の火のように燃え広がっている。西村大臣の言動、行った打ち手に対しても賛否の声が湧き上がっている。西村おろし、西村弾劾の怒りの火が吹き上がる前に、この「気の緩み」発言について謝罪するとともに、ロードマップとゴールを示してほしい。

「気の緩み」なる言葉を政治家は安易に使うな。

ぜ っ た い に だ。

あわせて読みたい

「西村康稔」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国の国際法無視 強行なら好機

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    河野大臣が表情変えた記者の質問

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    レバノン爆発 ゴーン氏の家破壊

    ABEMA TIMES

  4. 4

    吉村府知事の提案は試す価値アリ

    青山まさゆき

  5. 5

    春馬さん「結局カネ」家族に悩み

    文春オンライン

  6. 6

    大阪うがい薬推奨に医師らは呆れ

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    玉木氏に横柄? 枝野代表の狭量さ

    早川忠孝

  8. 8

    バナナ食べる少女の広告Audi謝罪

    BBCニュース

  9. 9

    スタバと違い常連扱いないセブン

    内藤忍

  10. 10

    香港民主派の周庭氏に有罪判決

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。