記事

厚労省の策謀

若い力士の死亡について、著名な芸能人が「もっと早く調べられたらって本当に思います。」とコメントした(報知)。

やはり、ほとんど誰も気付いていない。史上稀に見る成功を収めた「厚労省の策謀」についてだ。

 それは、「PCR検査に目を向けさせて診療拒否をカモフラージュし、受診抑制を図って医療崩壊を防ぐ」というもの。

これにまんまと乗ったワイドショーの扇動的なコメンテイターの言葉が世論を「PCR検査」一色に染めてしまい、必要な人に必要な医療が何時まで経っても行き届かない現状がマスクされてしまっている。

そして、その反作用として肝心な医療体制の整備が進んでいない。診療拒否が正当に批判されればそこが改まっていくのが自然な流れなのに。

 一昔前のインフルエンザなんて誰も検査なんかせず、症状で診断してあとは対症療法。診察の前にPCR検査が必須と思い込ませたのがこの策謀のミソ。
厚労省は、見事な策謀で時間稼ぎには成功したのだから、本来やるべき診療体制の整備に全力を挙げるべきだ。

 厚労省がサボタージュしている間に、大阪では、十三市民病院がコロナ専門病院に改造され、5月22日から本格運用する(関西TV)。千葉では、民間病院がプレハブのコロナ専門病棟が突貫工事で建設している(TBS)。

このような対応こそが「策謀」によって稼いだ時間を使って行うべきであったところ。全国各都道府県にこのような病院・施設をその人口やエリア面積に応じて必要なだけ作るのは、2月からの3ヶ月間あれば十分だったはず。

しかも、詳しい報道がなされていて相当充実した施設であることが伺われる後者の場合、なんと費用は3億5000万円しか掛かっていない。47都道府県に2箇所作っても329億円。アベノマスクの当初予算の3分の1である。

今からでも、厚労省はやるべきことに全力を尽くすべきだ。そうでなければ「策謀」はただの「無策をごまかす陰謀」になってしまう。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  2. 2

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  3. 3

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  4. 4

    山尾志桜里衆院議員が政界引退を表明「今回の任期を政治家としての一区切りとしたい」

    ABEMA TIMES

    06月17日 16:55

  5. 5

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

  6. 6

    「日本の将来はよくなる」と思う18歳は9.6% 若者から夢や希望を奪う大人たち

    笹川陽平

    06月17日 09:19

  7. 7

    低調な通常国会、閉幕へ。生産性を上げるためには野党第一党の交代が必要不可欠

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月17日 10:00

  8. 8

    山尾志桜里氏「今回の任期を政治家としての一区切りにしたい」

    山尾志桜里

    06月17日 15:40

  9. 9

    維新は、野党第一党の座を争うためには候補者の数が少な過ぎませんかね

    早川忠孝

    06月17日 15:33

  10. 10

    「確率論から考えれば、若者に自粛を強いるのはおかしい」厚労省の元医系技官が批判

    ABEMA TIMES

    06月17日 19:20

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。