記事

「緊急地震速報」頻発…避難所で必要なコロナ対策は「垂直避難」 障害者の“身体に触れる”サポートは



 今年に入り、「緊急地震速報」の発表はすでに8回。去年1年間の発表数にすでに並んでいる。さらに現在、日本の南を台風1号が北上している。

【映像】避難所の感染対策は

 新型コロナウイルスとの戦いの中、こうした地震や台風、そして大雨による災害が発生した場合、問題となってくるのが避難所だ。避難生活学会理事を務める新潟大学の榛沢和彦特任教授は、避難所は感染リスクが非常に高いと指摘する。

 「アメリカにホームレスの避難所があるが、広いところにベッドがあってたくさんの人が寝泊まりしていて、日本の避難所と似ている。そこでコロナ感染が起きると、最大500人レベルの避難所で約60%の方がかかってしまうということがあった。サンフランシスコの避難所では140人中95人という高い率で、さらに怖いのはスタッフの16%が感染していた。ボストンの避難所は408人中147人で36%。この避難所はHPで公開されていて、かなりきれいで2段ベッドもある。スタッフも1人あたり4人しか診ていないが、それでも(感染が)これだけ起きてしまう」(榛沢特任教授)



 一方、日本でも対策を進めている自治体がある。静岡県・焼津市が3密の状況を回避しようと活用を考えているのは、段ボールによる間仕切りや段ボールハウス。また、学校の教室も避難所として活用できるか検討するなど、各自治体では避難スペース確保の動きが進んでいる。ただ、アメリカのようにベッドを準備するのは難しいのが現状だ。

 「『雑魚寝』は絶対ダメ。100%全員がベッドを使うのが、コロナウイルス禍の避難所。飛沫は最終的に床に落ち、硬いところだと5日から最大9日はウイルスが感染力を保持していると言われていて、雑魚寝だと床に近いので吸い込んでしまう。僕は『垂直避難』と言っているが、床から逃げるという意味でベッドはマスト」(同)



 しかし、「垂直非難」のためのベッドや消毒液・マスクなど、避難生活で必要な備蓄には「お金」という大きな壁が立ちはだかっているという。

 「残念ながら、日本には災害対策の専門省庁がないので、予算がない。すべて補正予算、もしくは各自治体の特別な予算でやっていると思うが、大きな額で備蓄ができないというのは非常に危ういと思う。補正予算で発災した後はできるが、発災前はお金がないのでそこで突っかかってしまう。備蓄にお金をかけるといろいろな業界にお金が行くので、経済対策として災害備蓄を行ったらいいのではないかと考えている」(同)

■障害者の“身体に触れる”サポートは



 NPO法人「全国災害ボランティア支援団体ネットワーク」は11日、災害時に避難所での感染拡大を防ぐため、避難所の運営者や避難する人たちのためにまとめた「新型コロナウイルス 避難生活お役立ちサポートブック」を公開した。その中で、避難所の「ゾーニング」を示し、症状がある人や持病のある人は専用の教室、一般の人は体育館などの区分けをすることで、新たな感染リスクを減らすとしている。

 避難所での感染対策について、障害のある家族との日々をつづったエッセーが話題となった作家・エッセイストの岸田奈美氏は「これまで避難所と言えば、体育館のイメージがあったが、教室で分けると聞いてなるほどと思った。避難所に対して『感染しそうだから怖い』『行くのはやめておこう』と思う人はいると思うので、できる限りの対策を考えて、運営者も避難者もどういう行動がリスクを減らすことができるのか、正しく情報を身につけておく必要があると思った」と話す。



 過去に障害者への対応に関するマニュアル作成に関わっていたという岸田氏。いま支援が足りない部分については、「百貨店やホテルでは、歩けない高齢者や目の見えない方、車椅子の方が来られた時に、障害者差別解消法に則って、腕や体を支えたり、車椅子を押すなど基本的に“体に触れて対応する”ことをガイドラインにしている企業が多い。今も障害のある方がスーパーに行った時に、従業員の方がサポートのためには体に触れないといけないということで、混乱が起きているという話も聞く」と明かす。

 その上で、今後については「一部の企業では、サポートが必要な方が入れるよう時間を分けたり体温検査を徹底したりなど、少しずつできている部分はあると思う。そういった良い事例をみんなが実践できるように、いかに発信していくかが大事だと思っている」と述べた。
(ABEMA/『けやきヒルズ』より)

映像:感染者も在宅勤務者も“在宅エコノミー症候群”に注意

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  10. 10

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。