記事

【オンライン学習】私たちはオンラインでいったい何を学ぶ必要があるのか?

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が延長され、多くの小中学校の休校も続けられることになりました。学びの場が奪われた中で、全国の学校でオンライン授業の導入に向けた要望が急速に高まっています。

オンライン上の教室をつくり上げるには、数えきれない障壁をクリアする必要がある

この記事にさっとアクセスできているような保護者の皆さまの中には、自分のお子さまが通う学校の動きの遅さに対して、なぜもっとスピーディーに始められないのか。どこどこの学校はZoomを使ってもうとっくに実験が始まっていると聞くのに。これではますます差をつけられてしまう……。そんなやきもきした気持ちを抱いてしまう人も多いことでしょう。

しかし、一見当たり前にも見えるオンライン上の教室をつくり上げるのは、一朝一夕にできるものではありません。よく話題になる家庭の通信環境やパソコンを揃えるという準備以外に、授業を発信する側の学校では組織的な方針を決め、予算や備品を準備し、システムをセットアップし、使い方の講習会を開き、遠隔で可能な授業方法をよく調べ……やっと個別の教材を検討する段階に移ります。そんな数え切れない障壁を一つひとつ手探りでクリアしていく必要があるのです。

私は大学の情報学部に勤めており、学生たちも全員が自分のノート型パソコンを用いて普段から空気のようにICTを使って学習しています。ですのでオンライン対応への障壁は比較的少ないほうですが、それでも授業実施にあたって、事前に用意することや新しく勉強しなければならないことは普段の十倍ほどに増え、時間が溶けるように過ぎていく日々です。ただでさえ激務で知られる小学校の先生たちがパンクしてしまうのは、想像に難くありません。電車を運行するために乗客が知らないところで大変な手間がかかっているのと同じように、「当たり前」に見えることはとても難しいことなのです。

わたしたちは、インターネット回線をつないだ狭い画面を通じて、旧来の学校で何を学ぶのか

さて、そんな当たり前を冷静に捉え直してみると、奇妙なことに気付くのではないでしょうか。小学校や中学校の授業で習う程度の知識は、実はインターネットの中にたくさん溢れています。書店では工夫を凝らした映像やワークブックなどの教材も売られています。今の時代、学習しなければならない内容は、先生だけが持っているわけではなくて、勉強しようと思ったらわりと手が届く距離にあるはずです。それなのに、私たちはわざわざインターネット回線をつないだ狭い画面を通じて、旧来の学校で何を学ぶことを求めるのでしょうか?

子どもたちがまだ見ぬ世界との「接点」に対する態度を学ぶため

これはさまざまな答えが生まれるオープンな問いです。100人いれば100通りの答えがあると思いますが、興味深いのは、答えの中にその人にとってゆずれない一番大切にしていることが映し出されることです。ぜひ読者の皆さんも考えてみてください。

私自身は2人の小学生の親であり、教育者でもあります。その立場から、この問いに対して私の答えを書いてみたいと思います。

それは、子どもたちがまだ見ぬ世界との「接点」に対する態度を学ぶためです。また、そのためには他者の存在が必要だからです。

たとえば、子どもたちに好きな食べ物を聞くと、元気よくいろいろなメニューが返ってくるでしょう。しかし、その回答はその子が過去に食べたことがある食べ物や料理の範囲に収まっていることに気付きませんか。つまり、何が好きか嫌いかは「経験」に左右されるのです。

成長し続けるためには、知らないことや、わからないことを面白がれる態度が大事

一方で、インターネットの難しいところは、興味があるコンテンツにすぐアクセスできる反面、その人の欲しい情報や好きな情報に最適化されてしまい、結果的に視野が狭められていくことです(「フィルターバブル(注1」と言います)。子どもたちも例外ではありません。もし可能であれば、子どもに同意を取ったうえでyoutubeやブラウザの閲覧履歴を見てみてください。本当は世界中のコンテンツを自由自在に見て回れるはずでありながら、行き先は一定の範囲の中に収まっていることが確認できるはずです。

知っている中で楽しむ経験は、安心できて心地よいことです。しかし、新しい見方に気付き、自分自身が揺さぶられて変わることは少ないでしょう。成長し続けるためには、知らないことや、わからないことを面白がれる態度が大事なのです。

きっかけをつくる場は万人に等しく用意すべき

私たち大人は、しばしば子どもたちの「好きなこと」や「興味があること」を尊重したがります。しかしよく考えてみれば、それらは決して最初から「ある」ものではなく、その接点をどこかで得なければならないはずです。ある子が何に出会い、何の才能を開花させるのか。誰が人々に希望を与えるような存在になっていくのか。それは誰にもわからないことです。だからこそ、きっかけをつくる場は万人に等しく用意すべきですし、社会全体の責任として義務教育を担うべきなのです。子どもたちこそが未来の社会をつくるのですから。それは決して家庭だけの問題ではありません。

コロナ禍の中で、子どもたちはさまざまな機会を奪われている

しかし実際のところ、このコロナ禍の中で子どもたちへの対応は一番後回しになり、多くの子どもたちはさまざまな機会を奪われるばかりで、事実上放置されていると言えるでしょう。それは教育を受ける権利を奪う憲法違反(第26条)でもあり、声を上げることができない子どもたちへの政治的な配慮がより求められるはずなのです。

学校が提供している一斉授業には欠点もあるが、みんなで共有していくための重要な資産でもある

学校が提供している一斉授業にはたくさんの欠点もあります。学習のスピードや発達段階には個人差がありますし、同じ内容でみんなが同じ程度に学べるわけではありません。それらは積極的に改善していくべきことです。

ただ、そこで学校が提供している国語や算数などの基本的な科目の中身は、社会の中で「生きていく」ことを主軸に、専門家たちによる議論を積み重ねながらつくられてきたものであり、みんなで共有していくための重要な資産です。体にさまざまな栄養源が必要なのと同じように、いまの世の中を少しでも豊かに生き抜いていくために、好みだけでなくバランスよく世界との接点を用意し、面白がれることが大切です。

先生やクラスメートたちと学びあうことは、小さな画面越しの対話でも意味がある

私たちは生まれてから死ぬまで、他者とともにあり、他者との関係をつくりだす中で学ぶことができます。知らない世界との接点は、そもそも身近な他者によってもたらされることをもっと意識しなくてはなりません。「自分には全く関係のない別の世界」だったものは、コミュニケーションを取り、問題意識や感情をともに分かち合うことで、簡単に意味のあるものへと変えることができます。先生やクラスメートたちと教室というコミュニティーで学びあうことは、それらの小さな接点を生み出す装置として存在しているのです。

たとえ小さな画面越しの対話だとしても、その装置の意味は変わらないでしょう。
そんなわけで、一刻も早く、子どもたちに学びの場が取り戻されることを願っています。

参考文献
「閉じこもるインターネット——グーグル・パーソナライズ・民主主義 」
イーライ・パリサー (著)、 井口 耕二(訳) 早川書房 2012
https://www.amazon.co.jp/dp/4152092769

日本国憲法 第26条
すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/dl-constitution.htm#3sho

あわせて読みたい

「オンライン授業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  5. 5

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  7. 7

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

  8. 8

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

  9. 9

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

  10. 10

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。