記事

検察庁法改正案国会論戦 ~ 政府の術中に嵌っている野党

「森大臣、定年延長、あるいは役職定年延長をどういう場合に認めるのかの基準、明確化が必要じゃありませんか」(国民民主党 後藤祐一 衆院議員)

(15日付TBS NEWS 「検察庁法改正案 採決先送りに、野党「どさくさに紛れて」批判」

一見厳しい追及にみえるが、こうした追及をした時点で既に安倍政権の術中に嵌っており、政府はほくそ笑んでいるだろう。

必要なのは「役職定年延長を認める際の基準の明確化」ではなく「役職定年延長を認めさせない」ことだ。だからこそ野党共同会派は政府の判断で検察幹部の定年を延長できる規定を削除することを盛り込んでいるはずだ。

野党議員は自分たちが提出した改正案の内容を忘れて政府案を前提に追及している、つまり「延長ありき」「基準ありき」の前提の上で議論をしている格好になっている。

こうした論戦を張るから、政府から与しやすいと侮られてしまうのだろう。

せめて、

「安倍総理、安倍内閣ほど法に対して厳格で公平中立な政権はなく、将来も出て来ないだろうと思っている。それ故に、政府の恣意的な判断が入り込む余地のない法案にしておきたいのだ」

と主張するくらいの「知恵」と「ユーモア」を持ってもらいたいものだ。

あわせて読みたい

「検察庁法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  2. 2

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  3. 3

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  4. 4

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    大学のオンライン授業移行が波紋

    ヒロ

  8. 8

    ソウル市長が失踪 娘に遺言か

    ABEMA TIMES

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    河井事件めぐる検察の悪辣な策略

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。