記事

新型コロナ対策が各国で違うワケ

昨日の続きだが、新型コロナに関する検査体制についてエントリーに上げてみる。

新型コロナウイルスに対しては、日本は世界的に見てもかなりうまく対応している国家だ。人口10万人あたりの感染者数や死者数では、欧米などに比べ書いたように2桁も違う少なさだ。それは初期に全校休校といった思い切った処置を取ったことと、クラスター潰しに特化した感染抑制策を取ったからだ。

日本では法律の制限があり、欧米やアジアでやっているような、個人の自由を抑制する強権的な措置はなかなか取れない。だからこそ政府は繰り返し「自粛のお願い」をしているわけだ。大都市をロックダウンせずにウイルス抑制に成功しているのは、稀有な例として国民は誇っていい。政治家から官僚、医者から個々人まで、我々各人が粛々とやるべきことをこなした結果だ。

また日本は世界一のCTスキャン装置保有国であり、迅速・正確に肺炎を診断でき、それもコロナ抑制に役立っている。

こうした政策はCTスキャン装置の少ない国には難しいことで、だからこそその他の検査方法を増やしているとも言える。

早い話、それぞれの国が自国の医療資源・文化条件に応じた施策を工夫しているのが実情だろう。だから各国でやり方はけっこう異なる。「どれが正解」といったわけではないので。そして日本はよくやっている。

なぜかやたらと検査数を増やそうと主張する人がいるが、たとえばイタリアが検査数世界一なのは、疫学者の鈴木貞夫氏が指摘しているように、「流行地では多くの検査が必要で,実際多く行われているという事実を見ているに過ぎない」。要するに必要条件と充分条件が逆なわけさ。患者数が少ない今の日本では、そもそも多く検査する必要はないのだ。

検査が必要なのは「発熱が長く続いている」「家族が新型コロナウイルスに感染した」などという「感染が強く疑われる人だけ」。

ちょっと熱が出たくらいの人は、検査する意味がないとは言わないが、意味は薄い。なぜならそれはおそらく陰性であって医療リソースの無駄遣いだからだ。医者の時間も検査機器も、本当に必要な人用に空けておくべきだろう。

それに仮に陰性だとしても、全然安心できない。なぜならそれは「検査した瞬間は新型コロナウイルスに感染してない」証明であって、翌日感染するかもしれない。

そもそも検査する場所は新型コロナウイルス罹患者が近くにいる可能性が極めて高いわけで、おそらく陰性の人をそんな場所に無闇に行かせれば、翌日どころか、むしろ「その場で感染してきた」などという本末転倒の事態すら招きかねない。

まして緊急事態宣言によって日本の新規感染者数はピークの1日あたり743人からここ数日平均で1割以下に減っており、検査の必要性も当然1/10以下になっている。むしろこれまでよりガンガン減らしていいわけさ(ただし再流行に備え検査体制だけは整えておく必要はある)。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  6. 6

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  7. 7

    "ラ王世代"にはない価値観「これ絶対うまいやつ!」というラーメンが若者に大人気なワケ

    PRESIDENT Online

    08月05日 14:29

  8. 8

    入院制限の前にやることがあるでしょう

    鈴木しんじ

    08月05日 14:09

  9. 9

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  10. 10

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。