記事

RAD野田、山崎育三郎ら“本物”続々、音楽ドラマ加速『エール』

朝ドラに出演している野田洋次郎

 数々の名曲を手掛けた作曲家古関裕而氏とその妻をモデルにしたNHK連続テレビ小説『エール』。ミュージカル俳優など、多くのミュージシャンがキャストとして登場し、ドラマを盛り上げている。音楽ドラマとしての魅力が加速する『エール』について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

【写真】野田洋次郎&長澤まさみの2人が2軒めのバーから出てきて…

 * * *

 民放の春ドラマが延期に追い込まれる中、3月30日のスタートから順調に放送を重ねて視聴者を喜ばせている朝ドラ『エール』。世帯視聴率もGW前あたりからジリジリと上がり、現在は21%前後の高水準を記録しています。

 加えて、古山裕一(窪田正孝)と関内音(二階堂ふみ)が結婚し、東京で暮らしはじめた5月11日からの第7週は話題性もアップ。RADWIMPSの野田洋次郎さんやミュージカル俳優の山崎育三郎さんが登場し、さっそく野田さんに弾き語りのシーンがあるなど、いよいよ同作のコンセプトである音楽ドラマに本格突入した感があります。

 実際、これまでは恩師役で森山直太朗さんが出演していたものの、音楽シーンは子役や、二階堂ふみさん、柴咲コウさんなどの歌唱力がある俳優ばかりだっただけに、野田さんらの登場で一気にシフトチェンジしたのではないでしょうか。

◆ミュージカル界のスターが次々に登場

 2人以外にも音楽系のキャストは多く、12日放送の第32話には音のライバル・夏目千鶴子役で小南満佑子さんが出演。小南さんは10歳のときから世界を目指して声楽を学んできたミュージカル女優でこれがドラマ初出演であり、何回かオペラアリア(独唱曲)を歌うシーンがあるそうです。

 また、同様にミュージカル界のスターとしては、柿澤勇人さんと井上希美さんも歌手役で出演。しかも柿澤さんが演じるのは藤山一郎さんがモデルの山藤太郎、井上さんが演じるのは音丸さんがモデルの藤丸であり、それぞれヒット曲の「丘を越えて」「長崎の鐘」、「船頭可愛や」を歌うシーンがあるようです。

 ちなみに、「丘を越えて」は古賀政男さんがモデルの木枯正人(野田洋次郎)が作曲、「長崎の鐘」「船頭可愛や」は古関裕而さんがモデルの古山裕一が作曲した曲。窪田さん、野田さんが演じる作曲家との出会いで、歌手たちの人生が変わっていく様子が描かれるのでしょう。

 今後も作曲家の裕一が主人公で多くの曲を作っていく物語である以上、それを歌う歌手役が必要。ミュージカル俳優、歌手デビュー済みの俳優、アーティストなどの出演はまだまだ期待できるのではないでしょうか。

 そんな音楽の才能にあふれたキャストたちが演じるのは、当時の超一流たち。「超一流の才能があるからこそ一筋縄ではいかない」という個性派キャラをどう演じるのか? 歌だけではなく、その演技も楽しみのひとつです。

◆ミュージカル発展に貢献した古関裕而

 先に挙げていない中でも、これまで吉原光夫さん、古川雄大さんなどミュージカル界からたくさんのキャストが出演していました。

 これについて制作統括の土屋勝裕さんは、「古山裕一のモデルとなった古関裕而さんは、日本での本格的なミュージカルの黎明期に、数多くの舞台の音楽監督をつとめ、日本のミュージカル発展に大きく貢献しました。そんな日本ミュージカルのDNA を引き継いだ俳優の皆さんが加わって、『エール』はどんどん豪華に、ますます面白く盛り上がっていきます」とコメントしています。

 このコメントから、やはり“本物”にこだわってキャスティングしていることがわかるのではないでしょうか。音楽に造詣が深い志村けんさんや古田新太さんを起用していることも含めてキャスティングにこだわっているのなら、撮影現場でのこだわりがないはずがありません。

 たとえば、1日に放送された第25話で音が初めてステージに立ったシーンは、当初歌いはじめるところまでのカットだったですが、急きょ歌うところまで撮影することに変えて、オーケストラも実際に演奏し、裕一を演じる窪田さんも指揮をしたそうです。

 また、さらにさかのぼれば、4月10日放送の第10話で音が亡き父を思って歌うシーン、4月15日放送の第13話で家のために音楽をあきらめた裕一が最後の演奏会に臨むシーンも、音楽の素晴らしさを感じさせるとともに視聴者の涙を誘っていました。スタッフとキャストの頭に「音楽シーンをどれだけ魅力的に見せるかが重要」という意識がしっかりあり、全力で臨んでいる様子が伝わってきます。

 全体のストーリーとしては、戦争前後の激動期だけに「音楽が生きる上での力となり、ときに苦しみにもなるが、ときに救いにもなる」というシビアかつハートフルな展開が予想されています。

 裕一は人々の心に寄り添う曲を生み出し、届けていくことができるのか。そして、第1話で描かれた東京オリンピックで演奏される集大成のオリンピック・マーチにどうつながっていくのか。やはり『エール』は、裕一と音の夫婦愛を楽しむ作品であるとともに、「どのように名曲たちが生まれたのか」を楽しむ作品でもあるのです。

【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「連続テレビ小説」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  5. 5

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  6. 6

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  7. 7

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  8. 8

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  9. 9

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  10. 10

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。