記事

9月入学論③ 政府が考える課題は13点 待機児童問題が深刻化

1/2

5.14 秋季入学制度検討ワーキングチームの会合の様子
(自民党本部で)

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(自民党・比例代表全国区)です。

 我が国を繋ぎ、護り、発展させるために、中共武漢発の新型コロナウイルス感染症対策の強化はまったなしです。

 5月14日(木)、自民党本部において、「秋季入学制度検討ワーキングチーム」が開催されました。政府から「9月入学」について、主な課題について、説明を聴取しました。

コロナ問題で、学校が休校する中で、4月に一部首長らが突然「9月入学」を提起しました。それを受けて、安倍総理や萩生田文部科学大臣が「選択肢の一つ」「前広に検討」と表明したために、一気に現実味を帯びました。それを受けて、自民党内に「秋季入学制度検討ワーキングチーム」が設置され、議論が始まりました。

私は「9月入学」については、今までも2回ブログに書きました。今回が3回目となります。

①4月29日「学校現場が混乱するだけ」
 https://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12593170711.html 

②5月11日「労多くして功少なし」
 https://ameblo.jp/akaike-masaaki/entry-12596238872.html 

今回、政府から課題とその対応を聞きましたが、やはり想定していた通り、課題山積です。教育に関わる課題が8点、社会全般に関わる課題が5点もあります。それも、簡単に乗り越えることができない課題が多くあります。改正しなければならない法律も、33本以上となります。

コロナ対策を行っている最中、移行するために関係者が相当程度の労力を使い、卒業が半年伸びることによる保護者や本人の負担が増え、また、未就学から小学校へ入学するに当たり、保育所の人員や施設。予算等がかかり、待機児童問題に拍車をかけることになります。特に、入口の問題として、待機児童問題が深刻化することが明らかになりました。

厚生労働省の試算では、来年9月入学を実施すると、来年4月から8月まで、新たに50万人の子供たちを保育所が継続して受け入れることになり、保育士1.7万人、予算1400億円、現在でも442自治体では待機児童がいるのに、さらに追加の場所を確保することは、都市部においては困難だということです。幼稚園も同様です。40万人の子供たちを追加で受け入れる人員と施設、予算確保が必要となります。移行したくてもできないということです。

 そして、その追加負担額は5兆円以上になるのではないかとも言われています。今後、精査が必要となりますが、同じお金がかかるのであれば、その分子供たちの学びの保障のために、追加投資した方がどれだけ有効かとも思います。

 コロナ問題での子供たちの学びの保障がそもそもの目的であれば、何度も言いますが、教師の加配、学習指導員の増員、内容の精選化と数年かけての解消、そして、学校の情報化の加速化が重要です。

全国で9割近い学校が再開する予定です。入試や就職を控えた子供たちに不安を抱かせることがあってはなりません。すぐに結論を出すべきでしょう。

国際化対応が目的であれば、来年9月入学では、国際的には年齢が1年遅れることになってしまいます。それを1年前倒しするために、毎年13か月、もしくは14か月の子供たちを入学させて、何年もかけて1年前倒しにするという、考えられない対応をしなければなりません。コロナ問題と切り話して、国際化対応については、じっくり議論すればよいと思います。

既に、これだけの難題が明らかになっているのに、それでも来年から9月入学に移行しますかと問いたいと思います。

政府が考える課題の要点は以下です。

●政府が考える「9月入学」の課題の要点

 ①「9月入学」の一般課題としては、定着している国民の生活習慣、各種私権や行事等の時期への影響のほか、会計年度と異なる学年に基づき、教職員等の任用、就職採用、各種手当等の支給期間の始期・終期に影響が生じること。

これらに伴う移行事務、既存手続き等の変更が、全国の自治体や学校、関係団体で、数多く必要となる。

 ②それに加えて、今回のように、臨時休業等の影響に伴って、学年の終期を8月に延長する場合、

 ・在校生(約1,550万人)の卒業までの期間が伸びる(卒業の年齢に遅れが生じる)ことが全体を通じた課題。

 ・また、来年度9月の新入生について

  来年4月に入学する予定だった児童(約100万人)の就学が遅れ、就学前の期間が長くなる。

  また、再来年4月の入学予定者の一部(来年4~8月に満6歳となる者 約40万人)が追加入学し、この増員は卒業まで続く。

 これに関連して、スペースや保育士、教員等が必要となり、確保できない場合、必要な保育、教育が受けられない者(待機児童等)が発生する。併せて、子育てや教育に対する支援期間の延長等も必要となる。

●教育に関わる主な課題 8点

①就学時期に関する保護者等の不公平感

 来年9月入学となると、幼稚園と保育園の4月から8月生まれは小学校入学となり、9月から3月生まれはそのまま在園となり、同じクラスで分断が生じ、同級生なのに、先輩と後輩となり、保護者等に不公平感が生まれる。

 その対応策として、学年単位は従来通り、4月から3月までの生まれとして、その1学年を来年9月に小学校に入学させる等の措置が必要。または、幼稚園・保育園も来年9月入園にするということも考えられるが、幼児教育・保育の無償化措置の実施が昨年10月から始まっている中で、5か月間遅らせることへの保護者の理解が得られるのか。

②教職員の増員と定年等

 移行期における児童生徒学年数(4月から8月までの約40万人)の増加に対して、教職員の確保やそれに必要な財源を確保する必要。

 教職員(地方公務員)やスクールカウンセラー(会計年度任用職員)等が、教育年度途中で定年退職・任期切れとなることによる学校運営の支障への懸念。その対応のために、地方公務員法又は地方公務員特例法の改正や、地方公共団体における関連条例等の改正の検討が必要。

③学校施設

 移行期における児童生徒数の増加に対応するため、教室不足が発生するおそれ。その対応策として、国の支援が必要。

④課外活動(部活動等に関する大会の開催)

 夏季休業中に実施されてきた部活動等に関する大会(インターハイや高校総合文化祭等)について、学校行事や入試等の年間スケジュールにあわせ、大会主催団体間で、予選大会段階からの日程変更の調整が必要。

⑤入試の実施時期の調整

 高校入試や大学入学共通テスト、各大学個別の入試等について、実施時期の移行の検討が必要。来年はオリパラ大会もあるので、時期を調整しつつ、感染症対策に加えて、熱中症対策も必要となる。

⑥各種国家資格試験の実施時期の調整

 養成施設となっている学校の卒業時期の変更に伴い、各種国家資格試験の実施時期の移行が必要。国家資格の数は、約300。

⑦追加的な教育費用負担

 教育期間の延長に伴い、学生・保護者n追加的な教育や生活費用が発生。

⑧実務(学校における指導等)への影響

(長期休業中の子供の学び等)

 学年途中に長期休業(夏休み)を挟まないため、長期休業中に学校の目が届きにくくなる。生徒指導上の配慮(虐待を含む)が必要であり、家庭学習の支援も必要。

(指導計画の変更)

 年度の在校生について、学年期間の延長に伴う指導計画の大幅な組み直し等が必要。地域ごとの学校再開状況等を踏まえ、移行期における混乱が生じないように配慮が必要。

(発達段階に伴う指導上の困難)

 令和3年9月に17か月分の児童が小学校に入学する場合、発達段階の差が12か月から17か月となり、かつ、同年4月から8月までに満6歳になって小学校に入学した児童は就学前教育を受けた期間が短く、学校における指導が難しくなるおそれ。

 現行の学習指導要領は、発達段階を踏まえた学習内容を盛り込んでおり(体育等)、年齢が遅れる場合、必要に応じて児童生徒の発達段階に合わせ、指導計画の変更を検討する必要。

あわせて読みたい

「秋入学」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    上沼番組の梶原卒業はパワハラか

    NEWSポストセブン

  2. 2

    消費者にダブルパンチ 国は無謀

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  3. 3

    河野氏 日中の戦力ギャップ懸念

    河野太郎

  4. 4

    音喜多氏「暴行犯追いかけ確保」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    都知事選で最も損をするのは立民

    早川忠孝

  6. 6

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  7. 7

    好きなこと仕事に 前澤氏へ批判

    GOETHE[ゲーテ]

  8. 8

    プラ削減 なぜレジ袋がやり玉に

    川北英隆

  9. 9

    籠池発言報じぬメディアの不都合

    名月論

  10. 10

    若い女性好むおじさんのワガママ

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。