記事

朝ドラ『エール』志村けんの圧倒的な存在感がSNSで話題に


 5月14日に放送された朝ドラ『エール』(NHK月〜土曜8:00、土曜は1週間振り返り)に、3月29日に新型肺炎で亡くなった志村けんさん(享年70)が演じた小山田先生が登場。言葉を発せずとも鋭い眼力で何かを伝えようとする姿に多くの視聴者が心を掴まれ、ネット上では「小山田先生」もトレンド入りした。

 ツイッターには、

《最後、裕一と初対面した小山田先生、存在感と貫禄が別格で鳥肌…!》

《ラストカットの小山田先生の破壊力よ!! 話の切り方と繋ぎ方が、秀逸だよね。エール!!》
 などのつぶやきが流れていた。

 ドラマウオッチャーの晴川日月奈氏も、志村さんの圧倒的な存在感を感じたひとりだ。

「志村さんが演じた小山田耕三先生のモデルは山田耕筰で、交響楽団の運営に失敗し、失意を乗り越えた末、『赤とんぼ』や『この道』などの名曲を生み出しています。

 志村さんご本人もいろいろなことを乗り越え、努力を続けた結果、誰からも愛され、慕われるコメディアンになられたので、小山田先生と志村さんの生きざまがオーバーラップして見えます。

『挫折を味わっても決してあきらめるな。努力を続けなければ何事も成し遂げられないぞ』……そんな強いメッセージを瞳の奥から感じました」

 5月15日放送の第35話では、窪田正孝演じる主人公の古山裕一が、小山田の顔に泥を塗らないように仕事に没頭するという展開になるようだ。

 コロナに負けず新たなライフスタイルへシフトするためにも、小山田先生から学ぶものが大いにありそうだ。

あわせて読みたい

「志村けん」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  2. 2

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    自らの失敗は棚にあげ、人々の監視に注力する吉村大阪府知事

    村上のりあつ(立憲民主党大阪府第1区総支部長)

    06月13日 15:11

  8. 8

    熊田曜子、谷村有美ら「芸能界セレブ」がコロナ禍で直面する夫からのDV

    渡邉裕二

    06月12日 14:04

  9. 9

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

  10. 10

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。