記事

「韓国民に謝罪しろ」「水曜集会はやめろ」有名元慰安婦の告発で大混乱の現場を取材した - 赤石 晋一郎

「尹美香は慰安婦に謝罪しなさい! 国会議員を辞めて、韓国民に謝罪しなさい!」 

 5月13日水曜日、ソウル旧日本大使館前は異様な熱気に包まれていた。

 慰安婦問題で日本政府を糾弾するために行われてきた水曜集会、だがこの日、厳しい声を浴びせられていたのは主催者である「挺対協(正義記憶連帯)」であり、韓国総選挙で議員当選した「前代表・尹美香(ユン・ミヒャン)氏」だった。


尹美香(ユン・ミヒャン)氏 ©︎時事通信社

 韓国メディアでは彼女らの疑惑が次々と報じられ、“第2の曺国(前法務長官)事件”と呼ばれるようになっていた。 

「正義記憶連帯の李娜栄(イ・ナヨン)理事長に問う! 誰が慰安婦問題の障害であり、妨害勢力なのか明らかにしなさい。慰安婦が水曜集会を止めろと言ったなら、止めなければならない!」 

 次々と上げられる糾弾の声――。挺対協に対抗するかのように、大使館前に集まってきたのは太平洋戦争の被害者団体のメンバーだった。 

「国民的ヒロイン」元慰安婦・李容洙氏の告発

「5月7日、大邱市内の記者会見を行った元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス 91)氏は、『水曜集会をなくさなければいけない』、『水曜集会で集めた寄付金は、慰安婦のために使うべきなのに、挺対協は使ってこなかった』などと告発した。国民的ヒロインである李容洙氏の反乱は、韓国内でも大きな反響を呼びました。この記者会見の仕掛人と目されているのが崔容相(チェ・ヨンサン)氏という人物なのです」(ソウル特派員) 

 崔氏は「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」の事務局長を務める人物だ。同遺族会は多数の太平洋戦争被害者や遺族が参加する有力団体の一つ。

 徴用工問題では、日本企業相手に裁判を起こしたグループとは異なる行動を取り、韓国政府を相手に裁判を起こしている団体としても知られている。彼らの主張は日韓請求権交渉に基づき補償金は韓国政府が支払うべきもの、というものだ。 

 私は拙著「韓国人、韓国を叱る 日韓歴史問題の新証言者たち」で崔氏に取材した経緯があり、顔見知りでもあった。挺対協ら市民団体に支配された歴史問題を、被害者の手に取り戻したいという思いを何度も聞いてきた。  

 李容洙氏会見の黒幕説は本当なのか。大使館前で崔氏に話を聞いた。

当事者たちの疑問「なぜ市民運動家が大きな顔をしているのか」 

「李容洙さんの記者会見は、ハルモニ(李容洙)が長い間悩んだ末、この水曜集会は韓日関係にとって悪い影響しか残らないと考えたようです。 金学順(キム・ハクスン)さんの告白から始まったこの運動を、自らの手で運動を終わらせようと李容洙ハルモニは考えていたようです。

 本人が決意を固めて記者会見をしたわけで、私はそこのお手伝いしただけです。私がまるでハルモニを利用して記者会見をさせたように言われてますが、それは事実ではありません」 

 崔氏は、記者会見は李容洙氏の意思によるものと繰り返した。 

 近年、歴史問題を“反日運動”として牛耳ってきた挺対協ら市民団体に対して、被害者間では不満がマグマのように滞留していた。元慰安婦、元徴用工の人々は「なぜ、市民運動家が大きな顔をしているのか」という疑問を常に抱えていた。李容洙もその一人だったというのだ。 

 崔氏が続ける。 

「これまで挺対協は30年間、反日運動で韓国中を騒がせてきました。しかし、これから新しい時代を迎えるためにも、韓日関係は和解が前提にならなければなりません。和解なしにはいかなる過去の歴史も清算できないというのが、私の考えです。正義記憶連帯がずっと今のように反日運動を続け、被害者・ハルモニたちを苦しめるなら、私たちが乗り出して強く阻止する闘争をする、ということを申し上げます」 

「資金横領や不法流用は絶対にない!」挺対協の主張

 しばらくすると挺対協の水曜集会がスタートした。疑惑の渦中ということもあって、100人近くの韓国メディアが周囲を取り囲む。 

 新型コロナウイルス対策のため、中学生や高校生、大学生の動員はされず、集会はオンラインで生中継されることになった。 

 大使館前には挺対協の主要メンバーや与党議員が顔を揃えていた。尹美香氏は姿を表さなかった。 

 李娜栄(イ・ナヨン)理事長はこう演説を始めた。 

「正義記憶連帯では個人的な資金横領や不法流用は絶対にない!  現在、正義記憶連帯に向けて行われている一部メディアの悪意ある歪曲報道は、市民社会全般に対する弾圧です。何よりも日本軍慰安婦問題に対する終結を試みる悪意ある意図に基盤すると考えられます。  

 この場で30年間余り続いてきたおばあさんたちと活動家たち、一緒にやって来た国内の市民の真摯な献身と連帯を傷つけないでください。そして韓国の歴史を守るために、私たちはもっと大きく連帯して屈せずに行動して行きます」 

「寄付金は慰安婦に配られた」挺対協が公開した92年の領収書

 いま尹美香氏らは様々な疑惑について、「親日勢力による謀略」という主張で逃げ切ろうとしている。しかし彼女らの稚拙すぎる説明は、謀略と主張するには矛盾が多すぎる。 

 例えば、挺対協はSNSで92年と93年に李容洙氏に対して計350万ウォン(約35万円)を支払ったという古びた領収書を公開している。李容洙氏の「寄付金は慰安婦のために使われなかった」という指摘に、反論した形となった。 

 なぜ古い領収書なのか。 

 私の取材によれば、92年、日本人の元大学職員から『私の退職金の一部を慰安婦のために使って欲しい』と1000万円が韓国大使館に寄付された。この寄付金は沈美子(故人)ら元慰安婦の自治組織である「ムグンファ姉妹会」に寄付されるはずだった。

 しかし、どういう経緯かその寄付金は慰安婦に渡らず挺対協が手に入れてしまうのだ。元慰安婦らが「横取りだ」と騒ぎ出したため、渋々お金の一部が配分されたものなのだという。 

「93年のカネは、日本政府が元慰安婦の調査を始めようとしたときに、応じないよう一筆取るために配ったもの。つまり挺対協は口封じのためにカネを払ったのです」(挺対協元関係者) 

 つまり92年や93年の支払いは極めてイレギュラーなケースなのだ。逆にそこまで過去に遡らなければ、挺対協への「寄付金は慰安婦のために使われなかった」という指摘に反証する証拠がなかったともいえる。 

「慰安婦が死んでもこの運動は100年、200年と続く」

 水曜集会で音楽に合わせてダンスが始まった。韓国では選挙でもデモでも歌や踊りが定番となっている。傍らには日本政府を糾弾する「公式謝罪」、「法的賠償」という日本語のプラカードが掲げられていた。 

「慰安婦が死んでもこの運動は100年、200年と続く」 

 ある挺対協幹部はこう嘯いたという。彼らは慰安婦亡き後の活動まで視野に入れているのだ。 

「少女像の近くを見ると、少女像と同じ髪型をした若い女性が座っていました。おそらく慰安婦のイメージを演出していたのでしょう。例え元慰安婦がいなくても挺対協は今後も水曜集会を続けていく、という強い執念を感じましたね」(現地で様子を観察した日本人) 

 韓国メディアも注視する尹美香・挺対協疑惑は、慰安婦問題における最終局面となるだろう。なぜなら彼女らの存在は常に解決の障害となり続けてきたからだ。 

 90歳を超え高齢となった元慰安婦たちが自らの手に問題を取り戻し、日韓が和解への道を歩み出す契機とするのか。それとも、挺対協が批判を乗り越え、再び反日活動を強めていくことになるのか。 

「李容洙氏は『挺対協は解体すべき』と主張してます。しかし、尹美香氏や挺対協は今の状況を進歩(左派)派と親日派の闘いにすり替え逃げ切ろうとしており、同じ思想を持つ文在寅政権や与党『共に民主党』も彼女らに同調的です。

 政権や与党は曺国を守ったように、尹美香氏も守るでしょう。議員辞任に追い込まれたり、挺対協が解散させられるという可能性は今のところ低い」(韓国人ジャーナリスト) 

 はたして慰安婦問題を巡る騒動はどのような決着を見るのかーー。  

(赤石 晋一郎)

あわせて読みたい

「従軍慰安婦問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。