記事

「新型コロナ」「在宅勤務」に関するSNS投稿データの分析-新型コロナによる自粛生活で人々が最近感じていること - 原田 哲志

2/2

3――新型コロナウイルスに関する投稿の分析

(1) 分析方法
本稿では、前述のTwitterでの「新型コロナウイルス」や「在宅勤務」といったトピックに関する投稿を収集・分析し、人々の考えを調べてみた。分析の概略を説明する。
 
・対象データ
Twitterの投稿のうち、2020年5月8日10時時点において、「新型コロナウイルス」に関連する新着1万件の投稿、「在宅勤務」に関連する新着1万件の投稿を抽出し、それぞれ下記の方法で分析した。

・分析方法
抽出した投稿文を単語に分解し、投稿に含まれる単語と出現回数を調べた。また、一つの投稿文中でどの単語が同時に出現(共起)していたかを調べた。これにより、単語間の結びつきの関係(共起ネットワーク)を調べた(図表1)。これにより、「新型コロナウイルス」、「在宅勤務」に関してどのようなことが話題になっているのか、どのように関連しているかを調べた。

(2) 「新型コロナウイルス」に関する投稿の傾向
実際に、新型コロナウイルスに関連して、どのようなことが投稿されているのか見ていきたい。図表2は、「新型コロナウイルス」に関連する投稿に含まれる主要な単語とその関係を示している。単語を囲む円の大きさは出現回数の多さを示し、単語と単語を結ぶ線は、太いほど結びつきが強いことを示す。単語を囲む円の色は、結びつきの強い単語のグループを示すようにした。

これを見ると、投稿はいくつかのトピックに大きく分かれている様子が見られる。人々の生活に関する投稿が多く(黄色の単語群)、政府のコロナウイルス対応といった「政治・経済」(緑色の単語群)、治療薬やマスクといった「医療」に関すること(薄紫色の単語群)が話題となっている状況が分かる。これらの投稿を図表を元に詳細に見てみると、下記の特徴が見られるように思われる。

  • 外出などの自粛が続く中、「頑張る」、「コロナに負けるな」といった励ましや、早期の流行収束に期待する声があった。
  • コロナウイルスの流行が収束したら、知人に早く会いに行きたいという投稿も多かった。流行終息後は、帰省などの長距離の移動の増加、航空、鉄道の旅客増加につながるかもしれない。
  • 投稿データを抽出した前日の5月7日 厚生労働省が 抗ウイルス薬「レムデシビル」を新型コロナウイルス感染症の治療薬として承認したことが報道された。こうした「治療薬」や、「抗体」、「マスク」といった医療関係のトピックが話題となっていた。ただし、「PCR」、「検査」については、緑色の単語群に含まれており、政治・政府対応に関連する話題として語られているようだ。

SNSの投稿からは、概ね、自粛解除に向けた期待や政府対応、医療について関心が強い様子がみられたと言えよう。

(3) 「在宅勤務」に関する投稿の傾向
次に、「在宅勤務」に関連する投稿について見てみたい。図表2と同様な手法を使用した図表3は、「在宅勤務」に関連する投稿に含まれる主要な単語とその関係を示している。

これを見ると、「通勤」や「時間」など在宅勤務が生活に与える影響(青色の単語群) 、「出勤」、「久しぶり」など在宅勤務が終わり出勤する様子(緑色の単語群)などがトピックとなっていた。これらの投稿の詳細を図表を元に見てみると、下記の特徴が見られると考えられる。

  • 「通勤」にかかる時間がなくなったことで、時間に余裕ができた。これにより、自己研鑽の勉強やトレーニングを始めた。また、時間に余裕ができたことで、朝食を作る、食べることができるようになったといった投稿が見られた。
  • 家族と一緒に過ごす時間が増えた。一方で、子供など家族の世話が大変という意見もあった。
  • 就寝・起床といった生活のリズムが乱れた。こうしたことから、朝、散歩をする人も多いようだ。
  • 在宅勤務が行われ始めてから1、2か月が経過し、在宅勤務に慣れてきた。
  • 在宅勤務は、人と会わないことで気持ちが楽に過ごせるといった意見もあった。
  • 自粛要請の緩和により久しぶりに出勤した人もいた。

SNSの投稿からは、家族と過ごす時間的余裕ができた、1、2か月が経過して在宅勤務にも慣れたといった意見も多かった。一方で、家族の世話が大変という投稿も見られた。

4――まとめ

SNS上の投稿データを分析することで、「新型コロナウイルス」や「在宅勤務」について人々がどのように感じているかを調べてみた。

新型コロナウイルスについて人々は早期の収束を期待し、一部では終息後の帰省・旅行への関心がある様子が見られた。在宅勤務については、家族と過ごす時間的余裕ができた、1、2か月が経過して在宅勤務に慣れたといった意見も多かった。一方で、家族の世話が大変という投稿も見られた。こうしたSNS上の投稿から、人々が実際に感じていることやリアルな行動を単純な方法ではあるが、比較的リアルタイムに近い時点で探ることができた。

人々が感じたことは、今後、消費動向の変化やテレワークの普及といった働き方の変化として現れてくるかもしれない。

経済指標や株価指標など、数値で示されている情報は、発表までの時間的な遅れや関係する要素が多く複雑なこともあり、背景の解釈が難しい場合もある。SNSの投稿から人々の意見や感情を調べることはリアルタイムに近い情報を得ることができるため、経済・社会動向の背景を考える上での一つの重要な参考情報となるかもしれない。

今後は、従来の金融市場や経済指標等のデータに、SNSでの投稿のリアルタイムのデータや中長期の傾向分析を加えることにより、現状の背景や今後の動向等について何等かの有益な情報を生み出すことができるのかどうかについて、引き続き調査・研究を重ねていきたい。

(お願い)本誌記載のデータは各種の情報源から入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本誌は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

メール配信サービスはこちら

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  5. 5

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。