記事

「人との接触機会8割減」を達成できたのはGW後半? 「テレワークできない人」は低減も難しく

リリースより
リリースより

サーベイリサーチセンターは5月13日、「大型連休期間における人との接触機会」に関する調査結果を発表した。調査は5月上旬にネット上で実施し、東京、北海道、大阪、愛知、福岡の5都道府県に住む20歳以上の男女2520人から回答を得た。

人との接触機会の変化を「仕事」「外出」「夜の街での会食」「密閉・密集・密接空間での活動」「1日を総合的にみて」の5項目に分けて日別調査をしたところ、ゴールデンウイーク(GW)後半にあたる5月3~6日の接触低減度はいずれの項目でも8割を超えた。

政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月に発令した緊急事態宣言に伴い、人との接触機会を"最低7割、極力8割"削減することを目的とした外出自粛を要請していた。

「原則テレワーク」の人は9割以上の削減も達成

一方、GWの谷間にあたる4月30日、5月1、7、8日については「仕事」の低減度が6割台に下降。職業別にみると、最も低減できていなかったのは「医療・福祉」だった。GW後半に7割前後で推移していた低減度は、直後の5月8日に33.8%まで下降している。

「仕事」の低減状況を地域別にみると、4月下旬から低減度が7割を超える日がみられた東京では、その水準が概ね維持されている。北海道では、平日4割台から徐々に増え続け、4月25日以降は5割台をキープ。GW後半には8割に達する日もあった。

大阪府、福岡県については平日6割前後で推移していたものの、GW直前の4月27、28日には5割台に下降。愛知県は、4月下旬の平日5割台半ばから漸増傾向にある。

また、仕事上の人との接触有無別にみると、人との接触が中心の仕事では、平日は低限度5割前後で推移。接触がない仕事と比べると、平均10ポイント以上の差がみられた。

テレワークの状況別では、低減度が最高だったのはやはり「原則テレワーク」で働く人で、GW後半には9割台半ばに達する日もあった。一方で「部分的にテレワーク」の人は、GW前後の平日にそれまで7割台だった低減度が6割台に下降。「(テレワークを)できない・しない」という人は、5月3日のみ8割台に達したが、GW明けには再び5割台に低下していた。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党はPCR万能主義がいまだにコロナ対策の中心 この政党に日本を任せるな

    中村ゆきつぐ

    06月16日 08:08

  2. 2

    70代の死亡者も1年間で1万人に1人。コロナは「国家的危機」ではない。

    青山まさゆき

    06月16日 15:40

  3. 3

    世帯視聴率から個人視聴率重視へ テレビ界の大変革でお笑い番組は増加したか

    松田健次

    06月16日 08:05

  4. 4

    記念撮影にも呼ばれず……G7で相手にされなかった韓国・文在寅大統領

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:25

  5. 5

    盛り上がらない政治家のための政治

    ヒロ

    06月16日 10:47

  6. 6

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  7. 7

    初の深夜国会 一部野党の先延ばし戦術が現行ルールでは合理的になってしまう問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月16日 08:38

  8. 8

    論破王ひろゆき「超リア充のインフルエンサーもSNS投稿しないときはカップ麺をすすってる」

    PRESIDENT Online

    06月16日 11:52

  9. 9

    成立することのない内閣不信任案 議員が多くの時間を費やすことは本当に無駄

    大串正樹

    06月16日 09:13

  10. 10

    認知症新薬アデュカヌマブ 治験参加の医師が見た「効果と限界」

    NEWSポストセブン

    06月16日 11:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。