記事

検察官定年恣意的延長法案は重要法案? 泉田裕彦議員外しにみる安倍自民党の怖さ

 検察官の定年を内閣の意向によって恣意的に延長することができるようにすることで検察人事に圧力を掛けることを目的としています。
 そこにバランスはありません。政権にとって都合の悪い検察捜査を妨害することこそその目的があります。ひいては政権に楯突くような検察官は、干上がらせるからね、という強烈なメッセージです。

 同じようなメッセージが泉田裕彦議員の衆議院内閣委員会の委員外しです。


 退席=造反という構図ですが、とにかく連鎖することを防ぎたいという動機の下、疑問を表明するような自民党議員がこれ以上、増やさないようにするための強烈なメッセージです。

自民・泉田氏「採決強行なら退席」 検察官定年延長法案」(時事通信2020年5月13日)
「自民党は「処分の対象になる」(幹部)と警告。委員を泉田氏から別の議員に差し替え、造反を封じ込めた。」

 もちろん、表向きの理由は違います。

自民・泉田議員、内閣委外される 検察官定年「強行採決なら退席」」(共同通信2020年5月13日)
「自民党の森山裕国対委員長は記者団に「委員の差し替えはしょっちゅうある」と説明。」

 要は、「わかっているよな」という意味です。安倍自民党にとって、この検察官定年恣意的延長法案は最重要法案だったようです。世間的には最重要法案だから、なんて言えませんから。

 何故、ここまで?
 この法案には一片の道理もありませんし、恥ずかしいレベルの法案です。普通の神経があったらできない幼稚レベルの法案です。
 それが暴露されてしまった今、とにかく力で封じ込めようとしているわけです。今、撤回したら恥ずかしいと言わんばかり。

 森雅子法務大臣が出席させないという安倍自民党はあまりにも露骨すぎ。

法相不在で検察庁法案を審議 武田大臣の答弁かみ合わず」(朝日新聞2020年5月13日)
「武田担当相は「本来、法務省からお答えすべきだと思う」と繰り返し、」

 森雅子法務大臣は、これまでも珍答弁を繰り返してきました。
 東日本大震災のときにいわきから検察官が逃げたとか、この担当大臣を出席させられないという動機が露骨です。
 これでは審議しているという体裁さえ整っていません。

2020年5月12日撮影

 現在、安倍氏の側近と言われた河井克行氏、しかも前法相だったとは何たる皮肉。
この河合氏が検察によって立件されようとしています。
 1億5000万円を特別扱いで交付し、同じ自民党公認候補(現職)を落とすために直接、介入した選挙です。これは露骨なお友達の優遇です。

 お友達優遇は安倍政権の大きな特徴の1つです。
 そしてそれが向かうのは権力の濫用です。安保法制のときもそうですが、露骨に解釈改憲をやってのけるために内閣法制局人事にも手を突っ込みました。
 NHKの報道が気に入らなければ、NHKの経営委員会の人事にも手を突っ込むという露骨さ。
 明治時代ではあるまいし、この情報化社会の中で、これほどまでのことができてしまうことの怖さを考えましょう。

あわせて読みたい

「検察庁法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    紗倉まな コロナで親子関係改善

    村上 隆則

  2. 2

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    ほぼ意味を為さない東京アラート

    自由人

  9. 9

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。