記事

OPEC、原油需要見通し再引き下げ 協調減産は効果=月報


[ロンドン 13日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は13日に公表した月報で、新型コロナウイルス流行の影響を受け、2020年の世界の原油需要見通しを再び引き下げた。ただOPEC加盟国とロシアなど非加盟産油国から成る「OPECプラス」が実施する過去最大規模の協調減産で、原油市場は均衡を取り戻しつつあるとも指摘した。

今年の原油需要見通しについては、前年比9.1%減に当たる平均日量907万バレル(bpd)減少とし、前月の685万bpd減から拡大した。

原油相場は20年に急落。原油価格の国際的な指標であるブレント原油相場は4月22日に21年ぶりの安値となる1バレル15.98ドルを付けた。

相場下支えに向けOPECプラスは過去最大規模の協調減産で合意し、今月1日から開始。米国やその他の国も減産の意向を表明していた。

月報では「世界の原油市場は均衡が大きく崩れていたが、供給面の素早い対策によってすでに良い方向に動いている。再均衡化は向こう数四半期で加速するとみられる」と述べた。

原油相場は4月の最安値から持ち直している。月報発表後は約30ドルで取引された。

OPECは第2・四半期に需要が最も減るとみており、需要見通しを540万bpd引き下げた。米国と欧州、韓国の消費に引き続き下振れリスクがあるとした。

また、今年の世界経済見通しも引き下げた。新型ウイルスの危機により「世界経済が景気後退に陥ったほか、原油市場でかつてないほど深刻な需要ショックが起きた」とし、世界の成長率が3.4%減となると試算した。

OPECプラスは、5月1日より5月と6月に生産を970万bpd減らすことで合意している。

報告書によると、3月6日にOPECプラスの協調減産協議が決裂したことを反映し、OPECの4月産油量は増加。サウジアラビアとアラブ首長国連邦、クウェートが増産したことでOPECの4月産油量は180万bpd増の3041万bpdになった。

サウジアラビアはOPECに対し、4月産油量が過去最大の1200万bdpとなったと報告した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  7. 7

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  8. 8

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  9. 9

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。