記事

イベントには芸能人も多数参加!創価学会に入ってみたらこんなところだった

1/2

なんでも調べる放送作家の大竹です。今回は、国内だけで827万世帯、約2043万人が入信している創価学会の実態を調べてきました。知り合いの紹介で2年前に創価学会へ入信した男性のインタビューをお届けします。


―創価学会に入ったのはいつ頃ですか。

私が創価学会に入会したのは2018年の3月頃。職場の先輩に誘われたことが入信のきっかけでした。断ることもできましたが、好奇心で入信しました。信仰心があるタイプではありません。入信後は住んでいる地域で学会員としての活動が始まりました。

―地域ごとに分けるというのは、東京でいえば23区とか?

もっと細分化されていて何丁目とかのレベルです。地区ごとにリーダーがいて、入信のための用紙を持ってきてくれました。手書きですね。誘ってくれた人と一緒にリーダーのお宅に伺い、住所・氏名・年齢と、家族が学会員かどうかを記入。私の家族は入っていなかったため、「未入会」と書きました。あと両親の名前も記入。その用紙を地区のリーダーが本部へ持っていきます。これで入会完了です。

―入信するにあたって審査はありますか。

入信そのものに審査はありませんでした。親子で入信しているケースや赤ちゃんの時に入信している人もいます。私の場合は入信から1週間後に自宅で「勤行」と呼ばれるお祈りを行うためのお仏壇が必要だと連絡が来ました。学会員にとって、お仏壇と数珠は必須アイテムです。

仏壇の置き場所は指定される

―仏壇のサイズとか種類は指定されるのですか。

厳密にいえば、お仏壇でなくても構いません。御札みたいなもので、「南無妙法蓮華経」と書いてあることが大事です。これは御本尊様といわれるものですね。お仏壇はなかなかいい値段で、私は3万円のものを購入しました。大きさは縦60cmほどです。観音開きのよくあるお仏壇で、南無妙法蓮華経と書かれた御札が貼ってありました。

購入後、リーダーを含めた3人が自宅まで持ってきてくれました。「これをご安置しますので」と言いながら、私の部屋を物色してどこにお仏壇を置いたらいいのか検討していました。ちなみにリーダー以外の2人とはこの時が初対面です。

―本人が置き場所を決められない?

本人には決められません。お祈りがしやすそうな場所を見極めて、リーダーを含めた3人が「ここがいいんじゃないですか。安定しそうですし」と教えてくれます。私の場合は本棚があったため、漫画が並んでいる本棚の上に安置。お仏壇の裏に両面テープを貼って、固定している状態です。

―お祈りの方法のレクチャーなどがあるのですか。

私の地域では週1回集まって、みんなで勤行をしています。私の場合は、リーダーの自宅の広い部屋に3〜4人で集まって勤行をしました。この時に決まりの文言があるため言えないと浮くんですよね。「お前、日頃からやってないだろう」と。

週1回は集まりがあるため、ツッコまれないためにもちゃんとやらなきゃと思い覚えました。1度のお祈りにかかる時間は約5分。暗記するまではカンペを読んでも大丈夫です。

お祈り=勤行は初心者用マニュアル完備


数珠もあります。ポイントは右手に3個、左手に2個というバランス。位置はこれでないといけません。数珠を1回クロスするのも決まりです。これが最初に教えられたことなのでよく覚えています。ちなみに数珠は2000〜3000円とお手頃価格でした。

勤行が書かれた紙があるのですが、とても分かりやすく、初心者でも簡単にできるようになっています。「ここを3回繰り返して読む」とか。「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経…」とひたすら繰り返す部分もありますが、そこの時間は自由に決めていいんです。

―勤行と呼ばれるお祈りは1回何分くらいかかりますか。

勤行の長さは思いの強さ、信仰の強さです。長ければ長いほど良いとされていますが、私はあまりできていなくて30分が限界。結構頑張って30分です。集まりの時は約1時間ずっと「南無妙法蓮華経」と言い続けています。

勤行以外に歌もあります。曲のイメージはどちらかといえば軍歌。学会員なら全員が歌えるもので、こちらは大規模な集会で合唱します。

録画中継イベントには芸能人も参加しやすい

―どのような方が参加しているのでしょうか。

青年部の集まりというものがあって、そこには学校を卒業してから40歳までの男性がいます。会社員や自営業など業種もバラバラです。

―どれくらいのペースで集会は開かれるのですか。

月1回です。私は仕事の時間と重なることが多く、毎回は参加できていません。他に、地域の集まりより少し規模が大きい不定期開催の集会もあります。東京で例えれば区の学会員が全員集合するようなもので、私の地区は100人が集まりました。広い会館で行われます。

この大規模な集会のメインはあくまで勤行。全員でVTRを見る時間もあります。「私はこれをやってこういう風に成功しました」という内容です。「創価学会に入会しても辛い。しばらく在籍してもまだ辛い。それでも私は信じ続け、ある時変わっていきました」という話が多いですね。

1本約30分の長さで、2本上映されます。また会館には驚くほどデカいお仏壇があり、高さは約3メートル。観音開きの部分は自動開閉でした。

この大規模な集会は中継で全国の会場を結びます。ライブビューイングのようなものですね。また、数日前に撮影した集会の模様を放送する場合もあります。録画中継の場合はスケジュールの自由が利くため、芸能人の学会員が参加することが多いです。

集会とは違いますが創価学会の運営を育てる「大学校」というイベントもあります。私もまだ参加したことがないため、噂で聞いた話ですが。入会歴の浅い会員が参加するものです。

大学校では創価学会の歴史を勉強します。これを受けることで運営側への道が開けると聞いています。私も今年参加する予定です。

運営になりたいというよりも断る理由がないんですよ。「面倒くさい」の一言では断れない。「仕事で忙しい」という理由もありますけど、365日仕事をしているわけではないため「じゃあ時間作れるよね」と。そうなると参加の一択というわけです。

―入会したことをご両親は知っていますか。

知らないです。言えないですよね。うちは実家にお仏壇があったのですが、創価学会で購入したのは違うお仏壇です。まだ親が一人暮らしの家に来たことはありませんが、もし来た時に何を言われるのかなと不安もあります。お仏壇はとても大きいため、家に来たら一発でバレます。

公明党への投票呼びかけ 電話よりLINEが主流に


―公明党の選挙協力問題について教えて下さい。

選挙では公明党を毎回応援しています。創価学会に入会してから1度参院選がありました。もちろん私は公明党に一票入れましたし、周りの人にも協力を頼みます。電話で頼むのはハードルが高いためハガキを送付。「投票お願いします」というハガキですね。それを知り合いの住所に送っています。

ハガキは立候補者の顔と「投票よろしくお願いします」という一文が書かれたシンプルなものです。

さすがに勝手に送ることはできないため、参院選の時は1人にだけ送りました。送り相手を選ぶため「こういうのを送っていいですか?」と事前にアポを取っています。

中にはアポを取らずにハガキを送る人もいるのですが、私はそれで人間関係が壊れるのがイヤだったため、承諾を取ってから知人に送りました。ノルマはないですが送り先の住所をリーダーに伝えるため、そこで何枚送ったのか分かる仕組みです。

ベテラン会員は何十人と送っているようですが、1〜2年目の会員はハガキを送れないのが当たり前のため「君はすごいね、ホープだよ!」と約10人から言われました。

―電話で投票をお願いすることもあると聞きますが…。

電話で勧誘している人もまだいると思います。ただ最近はLINEですね。「便利だ。革新的だ」と話している人が多いです。

LINEで知り合いに直接メッセージを送るというものですが、ハガキよりもハードルが低いため重宝されています。選挙運動は今やハガキよりもLINEによる勧誘が主流になっています。

一方、候補者も選挙運動をしています。地区のリーダーの集会に顔を出して「投票お願いします」とアピールをする。集会に出席した学会員は「候補者の○○さんが来るから」と友達を誘うことができます。

あくまで入会ではなく票を入れてもらうためです。集会で候補者は地区の人の悩みを聞いていきます。「あの道路が狭いので…」とか身近な悩みですね。

あわせて読みたい

「創価学会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  2. 2

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    小池知事が都民ファ切る可能性も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。