記事

中国河北省の大気汚染が改善、4月はPM2.5が25%減

[上海 13日 ロイター] - 中国生態環境省によると、国内で最も大気汚染が深刻な河北省で、4月に汚染が25%以上改善した。粉塵やわら焼却規制のほか、ディーゼル燃料と花火使用抑制策が奏功した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う工業活動の鈍化も背景とみられている。

微小粒子状物質PM2.5の平均濃度は前年比26.7%減少の1立方メートル当たり33マイクログラムとなり、4月としては最も低水準となったほか、国の暫定基準35マイクログラムも満たした。

1─4月のPM2.5濃度は15.7%減少し59マイクログラム。世界保健機関(WHO)の推奨基準10マイクログラムは上回っている。

河北省は今夏の優先課題について、主に自動車の排ガスと太陽光により生成されるオゾン公害の制御を挙げている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。