記事

ドイツ経済、コロナ禍で一時25%落ち込んだ可能性=KfW

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツ復興金融公庫(KfW)は12日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でドイツの国内総生産(GDP)は数週間にわたりおそらく前年比20─25%落ち込んだとの試算を明らかにした。また、感染第2波が生じなければ、経済活動は4月が底となる可能性が高いとした。

ドイツは感染拡大防止のための封鎖措置を3月に導入し、多くの企業の生産活動や小売店の営業が一時停止された。メルケル首相は先週、封鎖措置を大幅に緩和したが、感染拡大が再び加速した際に封鎖を再開する「緊急ブレーキ」と呼ばれる仕組みを同時に採用した。

KfWのチーフエコノミストは、今年下半期に景気回復が始まる可能性が高いとした上で、経済が危機前の水準に戻るのはおそらく2021年秋になると予想。

新型コロナによる独GDPへのマイナス影響は最終的に3000億ユーロ(3245億1000万ドル)になるとの見方を示した。

封鎖措置の多くが緩和される中、経済は夏までに少なくとも部分的に正常化すると指摘し、その結果、第3・四半期には非常に力強い成長が見込まれるとした。

KfWは今年の成長率をマイナス6%、来年はプラス5%と予想。ただ、リスクはおおむね下向きで、感染第2波が主要な不安材料だと指摘した。

さらに、新型コロナの迅速な検査や感染経路の追跡が可能になるまで、消費者は感染への不安や経済を巡る不透明感から支出に消極的な姿勢を維持するとの見方を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  5. 5

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  6. 6

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  7. 7

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  10. 10

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。