記事

セブン-イレブンは、コンビニ界の「アップル」のような存在

コンビニはセブン‐イレブン、牛丼は吉野家、銀行は新生銀行が、私のお気にいりです。どれも、競合とは一味違った商品やサービスを提供しているからです。

その中でも、セブン-イレブンはセブン銀行のATMを使う時に立ち寄りますが、徹底的に整理整頓された清潔な店内と、欲しいものが本当に売っている圧倒的な品ぞろえにいつも驚きがあります。

先日、たまたま家のプリンターの調子が悪かった時、プリントアウトのサービスがあるお店を探したら、何とセブン‐イレブンでこんなサービスがあることを知りました。自宅で原稿を作成して、ネット上にアップして、番号を取り、セブン-イレブンの店舗で番号を入れると、1枚20円で印刷できるのです。

たまにしかプリンターを使わない人であれば、このサービスを使えば、家にプリンターは必要ありません。


そして、その時店内で発見した面白い商品がグランドキリンです。キリンが作ったビールですが、セブン-イレブンで先行販売ということで、早速飲んでみました。キレのあるビールとは違い、濃厚で香りが抜けるようなリッチな味わい。料理に合わせるビールというより、ビールだけを楽しむような、今までにないものでした。お風呂にゆっくりつかりながら、飲むと何とも贅沢な気分になれました。

プリントサービスのようなかゆいところに手が届くキメ細かいサービスと、グランドキリンのような、セブン-イレブンでしか買えないというオンリーワンの品ぞろえ。近くて便利だから何となく寄るお店ではなく、無くてはならない商品があるから、わざわざ行くお店になりつつあるのです。

ちなみに、セブン‐イレブンは今年の夏、秋田に進出して、店舗が無い県は、青森県、鳥取県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、沖縄県の6つになったそうです。ナゼか、四国には一軒も展開していません。いずれ一気呵成に展開すると予想しますが、この出店戦略も全都道府県に広く薄く展開している他のコンビニとは違った、セブン-イレブンならではのこだわりを感じてしまいます。

アップルがパソコンメーカーなのにパソコンを超えた、「アップル」という商品として認知されているように、セブン-イレブンもコンビニを超えた「セブン-イレブン」というお店になっている。派手さはありませんが、革命的なサービスを地道に提供していると思います。

あわせて読みたい

「セブンイレブン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。