記事

麻生大臣、答弁で「テレクラとキャバレーどこが違うか聞いてみろ」


 5月12日におこなわれた財政金融委員会で、麻生太郎財務大臣の「珍回答」が飛び出した。
 委員会では、音喜多駿・参議院議員から、性風俗産業の従事者が持続化給付金を受け取れるのかどうか、いくつかの質問があった。麻生大臣の発言は、一連の質問の最後に出てきた。

 新型コロナウイルスによって大きな影響を受けた事業者に対し、経済産業省が中心におこなっている支援策の一つが「持続化給付金」だ。その「不給付」に風俗産業が入っている。正確な表記は「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定する『性風俗関連特殊営業』、当該営業に係る『接客業務受託営業』を行う事業者」だ。音喜多議員は、はじめ中小企業庁の担当者に対し、「セックスワーカー個人への給付は可能なのか」と質問した。

 担当者は、「個人事業主として性風俗で働く方については、基本的に風営法上の性風俗関連特殊営業等にあたらないため、その収入を事業収入として計上しておられる場合は対象になりうる」と返答。簡単に言えば、個人で確定申告している場合は、給付金を受け取れるということだ。音喜多議員は、経産省が公表している資料にもこの点の記載がなく、専門家も混乱しているとして、情報発信の工夫を求めた。

 続いて音喜多議員は、事業者についても、「遵法して税金を納めていて、届け出をしていても、性風俗産業ということで対象外になるのは、職業差別になりうる」としたうえで、「しっかり救済していかないと、営業自粛しないようになってしまう。また反社会勢力とつながってしまい、治安の悪化も考えられる」と、麻生大臣へ見解を求めた。

 麻生大臣はこれに対し、「社会通念上、公的資金をこれ(性風俗事業者)に投入して、誰も文句言わねえかって話ですよね」と話し、続けて「ただ、これよく考えてほしいんだけど、特殊営業の対象になるのは、テレクラとかストリップは入ってるけど、キャバレーとナイトクラブは入ってない。『どこが違うんだよ、正確に言ってみろ』って経産省に聞いた? 答えられるほど経験ないのが(官僚には)多いからね」と笑いながら爆弾発言。会場にはどこか控えめな笑い声が響いた。

 麻生大臣は「これはなかなか大事なところ。どっかで線を引かなきゃしゃあないっていうところが難しいんだと思いますけど。私は所管じゃないんで、なんとも言いようがありませんけど、区別してあるところに関しては、正直、疑問は持ちました」と語り、答弁を締めくくった。給付金を受けられない性風俗事業者の心理を代弁した、前向きな発言だった。

あわせて読みたい

「麻生太郎」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  2. 2

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  3. 3

    10万円給付金問題 立憲民主党も非課税世帯中心に限定給付案をまとめる これでは政権奪取は無理だ

    藤田孝典

    02月25日 13:53

  4. 4

    ワクチン確保に慌てる必要なし 政府批判は動きを非効率化させる危険も

    中村ゆきつぐ

    02月25日 07:19

  5. 5

    犬や猫の店頭販売やペットのネット販売禁止へ 動物愛好国フランスの"一歩"

    BLOGOS編集部

    02月25日 07:06

  6. 6

    「日本資本主義の父」渋沢栄一が現代の首相たちを見たらどう思うのか

    毒蝮三太夫

    02月25日 06:33

  7. 7

    Go Toトラベル、再開是か非か

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    02月25日 10:18

  8. 8

    2020年代の産業革命

    ヒロ

    02月25日 10:48

  9. 9

    【119カ月目の新地町はいま】災害ごみ仮置き場に響く「五輪どころじゃない!」の叫び 10年目の大地震で聖火リレーコースも損傷

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

    02月24日 09:28

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。