記事

利用者の好みにあった日本酒をAIがオススメするアプリが登場

株式会社サケアイは2020年5月1日、飲んだ日本酒をもとに利用者に合う日本酒をおすすめするモバイル端末アプリ「Sakeai(サケアイ)」をiOS向けに提供開始した。

株式会社サケアイは、世界の人々が日本酒を愛し、日本酒を最大限楽しめる世の中をつくることを目指して、2020年2月に設立された。

Sakeaiは、こちらのApp Storeからダウンロードできる。
https://apps.apple.com/jp/app/sakeai/id1506030671
※ Google Playは年内公開予定

>> プレスリリース

1万種類以上から好みの日本酒が分かる

日本酒の銘柄は1万種類以上あるといわれ、その中から自分の好みに合う日本酒を探すことは難しく、まだ知られていない日本酒は数多く存在するという。

Sakeaiは、業界最大規模の日本酒データベースを保持し、1万種類以上の日本酒銘柄の情報を閲覧できる。

Sakeaiでは、アプリの利用者が飲んだ酒を記録し、その記録をもとにAIが利用者1人ひとりに合った日本酒をおすすめする。さらには、新潟県限定ではあるものの、該当の日本酒の取り扱い店を表示する機能も備える。

>> プレスリリース

AIを活用して日本酒をオノマトペで分類

日本酒業界では、AIを活用したさまざまな取り組みが実施されている。

Ledge.ai編集部では2019年5月に、YUMMY SAKE株式会社のCCO中島琢郎氏に取材した。YUMMY SAKEは、「『おいしい』の自由市場を作る」をミッションに、データを活用した「味覚の共通言語化」に取り組むスタートアップだ。

中島氏は、言葉では表現しづらい日本酒特有の繊細なニュアンスを、オノマトペで表現することで実現可能な、「誰もが日本酒に親しめる世界」について語った。

YUMMY SAKEは、未来酒店と博報堂アイ・スタジオによる共同研究のもと、AIを活用して日本酒の味に関わる成分を分析し、ユーザーの味覚タイプを12種類に分類した。その味覚タイプを「スルスル」や「アワアワ」といったオノマトペに分類することで、日本酒に詳しくない人や、日本語を話せない人にも、自分の好みを覚えてもらいたいという。

若者の酒離れが叫ばれる昨今、データを活用した味覚分析で、日本酒業界に新たな風は吹くのだろうか。

by
現在は青山学院大学総合文化政策学部に在学中。高校までの水泳から一転、大学ではダンスを始める。今まで行ったライブは100本近くというほど音楽好き。暇な日はテレビや映画を見るかHIPHOPしている。

あわせて読みたい

「アプリ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  8. 8

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  9. 9

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  10. 10

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。