記事

子の「連れ去りビジネス」、裁判官と人権派弁護士が癒着?? 天下り先が人権派弁護士事務所というびっくりな記事

裁判官が、人権派弁護士に便宜を図った見返りに退官後に法律事務所で雇用される

 こんなことって本当にあるの??

 と読んだ瞬間、びっくり仰天です。
 原文はこちらです。
「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ」(月刊Hanadaプラス2020年5月6日)

 裁判官は、後述するように「継続性の原則」に基づき、「実子誘拐」をした親に親権を与える判決を下すのが常である。そこで弁護士は、親権を確実に奪うために、離婚を考えている親に対し「実子誘拐」を勧め、方法を指南する。これは憶測で言っているのではない。数多くの証拠がある。

 ある女性誌には、弁護士が「親権争いは最初の対応が肝心。家を出る場合は必ず子供を連れて出ること」と堂々と書いている。

 日弁連法務研究財団発行の本のなかでは、冒頭に「実務家である弁護士にとって、親権をめぐる争いのある離婚事件で、常識といってよい認識がある。それは、親権者の指定を受けようとすれば、まず、子どもを依頼者のもとに確保するということである」と記載されている。

 弁護士が一方の親に子どもを誘拐するよう唆し、裁判を提起させれば、裁判官が親権をご褒美として与える段取りとなっている。
 そして、もう一方の親から奪い取った子どもの養育費などの一部をピンハネして弁護士が懐に入れるのである。そのお礼として、裁判官が退官したら弁護士事務所で雇うケースも少なくない。

 からくりは極めてシンプルであるが、多くの人はそれに気が付かない。弱者の味方を標榜する弁護士と公明正大であるはずの裁判官がそのような形で癒着しているとは、夢にも思わないからである。


2020年5月8日撮影

 さて、いかがでしょう。裁判官の定年退職後の天下り先が法律事務所とは正直、聞いたことがありませんでした。天下り(雇用)というからには相応の高給で迎えなければ意味がありません。裁判官も退官した後、弁護士登録して活動することは一般的です。
 規模の大きな渉外事務所ならこうした雇用もあるのかもしれません。

 「人権派弁護士」がその事務所で高給で雇用ですか。

 それが高給をもって迎えられる…
 しかも人権派弁護士事務所??

 この論者の牧野のぞみ氏ですが、「妄想でも何でもない。」と述べているのですが、どう考えても妄想でしょう。

 裁判官の天下りといえばこちらの方が信憑性が高いです。

嗚呼、裁判官たちの「第二の人生」は こんなに恵まれている」(gendai2017年6月25日)

 公証人は以前から言われていました。空きが出ると定年前に退官してしまったりとか。
 定年後に簡裁の判事になるというのは、札幌では見聞きしたことがありません。

 それはともかく、「人権派弁護士事務所」に天下りは妄想でしょう。

 この論考自体に全く具体性がありません。全国にいる裁判官は、みな「継続性の原則」(これも論者の説明はデタラメなのですが)に従って判断しているなら、実際にどこの事務所に雇用されているの?? そんなにたくさんの裁判官が!
 という具合に本当に具体性のない話で、論者である牧野氏の誠実さに疑問を持たざるを得ません。論考の題名自体が悪意に満ち溢れているんですけれど。

 先に連れ去った親が勝つという「連れ去り勝ち論」が誤り(デタラメ)であることはこちら。
Q 離婚後の親権は、連れ去った側に有利な運用になっていませんか。

あわせて読みたい

「天下り」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  7. 7

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。