記事

一発思い知らせるのも悪くないかもと思ったり

日韓の維持の張り合いがヒートアップしている。日韓のチキンゲームとかいう報道すらすでに見られるが、そもそも竹島は日本固有の領土であるし、反日を煽るって支持率アップを狙うのはいいとしてもあまりに非礼な態度でやりすぎた李明博は完全にやり方を間違ったといえる。

言っても意味がない原則論を言うと、韓国が言うような従軍慰安婦の強制徴用なんてなかったのはある程度、知識がある人にとっては常識だ。朝鮮半島に対して多額の投資を行いインフラを整備しかなりの教育を施したのも日本である。石橋湛山が小日本国を唱えたように(多分、僕も同じ時代にいたならそれを唱えただろう。)日本の朝鮮半島支配は完全な持ち出しだった。


[画像をブログで見る][画像をブログで見る]
(http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi02.htmより)

他にも色々あるが、イチイチ上げると切りがない。そして、それを今、妙な半日教育を必死で行っている韓国という国に主張することは必要ではあるが実質的に無意味だろう。それを主張すればするほど、自分達がウソを教えているということになるので政府やマスコミの態度は頑なになることが考えれるからだ。世の中は理屈では動かない。

僕の友人などもよく言っているが、韓国の年配者は本音では日本の統治に感謝している人がいまだに多い。が、むしろ、国家の都合で半日教育を施されている若者達はそんな事実を全く知らない。僕もイギリスに住んでいるときに韓国人からそういう会話をふっかけられたりもしたが、軽く流していた。議論する意味がないからだ。

とはいえ、今の状況は理屈どうこうで動くものではない。

領土問題は実効支配している韓国から竹島を取り返すのは容易ではないだろう。というよりも、実質不可能だ。国際社会に訴えていく必要はあるものの、無駄に時間を削ぐ問題でもない。むしろ、尖閣の問題のほうが日本にとっては大きいだろう。

が、戦後日本はずっと弱腰外交を続けてきた。そのツケが今噴出している。経済的な苦境(?)のせいで多くの国民が韓国・中国許すまじとの思いを持っている。

考えれば、菅や鳩ポッポ、左旋回した小沢が首相でなく野田氏が首相であってまだよかっただろう。

意味不明の韓流(韓流好きは多分高齢者と低学歴→参考記事 やっぱりテレビは庶民を食い物にしている?)ブームから韓流禁止の話も出ている。が、重要なことは実は韓国の若者にも日本好きが多いということだ、むしろ今回の問題を契機に日本文化をもっと普通に扱うことを韓国に受け入れさせるべきだろう。表面上は強く抗議しながら、矛を収める代わりに無制限の日本文化の受け入れと認めさせるべきだ。

まあ、あんまり関わっていいことがある国ではない。近代日本の不幸はこの国と関わらざるを得なかったことから始まったのでは?と僕は思っている。

着かず離れず。しかし、領土問題や歴史問題では受け入れられないと知りながらも今回は全うな主張をしつこくすべきだろう。そうすれば、一定の範囲を出た反日発言や行為を彼らも自重するだろう。まあ、何が言いたいかって言われると非常にあいまいだけど。今回はスワップ協定の見直しその他も含めてガツンとやってもいいだろうとは思っている。とはいえ、おそらく何も問題は解決しない。落としどころは先方に日本文化を完全に受け入れさせるというところでいいんじゃないだろうか?まあそれには限らないが、要は実利を得るということ。それから、フェアな関係を作ること。そのための脅しとしては韓流禁止くらいは丁度いいかもしれない。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  6. 6

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  7. 7

    GoToでは救えない宿泊業界の淘汰

    文春オンライン

  8. 8

    米政権が感染拡大で医師に怒り

    飯田香織

  9. 9

    政府は医療従事者を守る気あるか

    畠山和也

  10. 10

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。