記事

事業継続の為の家賃補助スキーム

政府に提言された、家賃の3分の2を支援する「特別家賃支援給付金」について、現段階での問い合わせの多い内容に関して、私の把握している範囲内で、ブログを綴ります。

〇中堅中小企業は最大600万、個人事業主は最大300万円の家賃補助。

〇中堅中小企業は月額50万、個人事業主は月額25万で、半年分給付。

〇融資と助成金の組み合わせ支援ですが、金融機関の融資が、特別家賃給付金を受け取る条件ではありません。

〇無担保無利子の融資を受けているテナント事業者の元本返済等に特別家賃給付金を活用することは可能です。

〇200万、100万の持続化給付金と併用することも可能です。

〇テナントの業種に制限はありません。

〇自治体への臨時交付金の活用で、テナントとオーナー側、両方への支援をする。

〇給付対象の条件は、単月50%減のみでなく、3カ月で30%減も基準に加える。

〇家賃支援の財源は約2兆円。

岸田文雄政調会長が予算委員会で提案し、仕組みを積み上げた肝入りの支援策です。

明日、予算委員会が開催され、今国会中に成立を目指す第2次補正予算の目玉です。

一日でも早い成立が可能となる様、緊張感を持って取り組みます。

なお、現行案は、今後の審議や政府の制度設計の過程で調整される部分もありますので、その点も情報発信していきます。

また様々な意見聴取の過程で、現実には、テナントとオーナーの間に、仲介業者である不動産・管理会社も入っていて、特に紹介手数料等で運営している会社も非常に厳しい状況にあるので、この点も配慮してほしいという声も重要だと認識しています。

あわせて読みたい

「補正予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    休業要請検討 悠長な政府に呆れ

    大串博志

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。