記事

【CE売上高ランキング】、100社中63社が減少!コロナでコンピューターストア大躍進?


■電化製品流通専門誌の「トゥワイス(TWICE)」誌は8日、2019年コンシューマー・エレクトロニクス(CE:民生機器)売上げトップ100企業ランキングを発表した。

 民生機器売上の8割近く占めるトップ100企業の売上高合計は1,394.2億ドルとなり、前年の1,395.6億ドル(修正)から0.1%の減少となった。

100社中63社は前年の売上高を下回っており、昨年にマイナスとなった58社から増えている。またゲームストップなど8社は二桁の落ち込みとなっており、二桁の落ち込みとなった昨年の6社から増加した。

圏外となったのはシアーズとKマートだ。昨年のランキングで45位だったKマートは100位以内に入っていない。シアーズは昨年、12位をつけていたが今年は姿を消しているのが印象的だ。

企業清算等によりこれまで長い間CE売上トップ100位内の常連であったラジオシャックやhhグレッグ、トイザラスが消えたように破綻したシアーズとKマートも同じ道を歩んだことになる。

一方、前年からプラスとなった企業は100社中32社で昨年の39社から減少。二桁で売上高が増加したのは昨年の5社からビデオ&オーディオ・センター(Video & Audio Center)の1社だけとなった。

ロサンゼルス郊外に展開するビデオ&オーディオ・センターは店舗数を4店から1店増やして2億ドルとなる11%の増加だった。順位は35位。

 1位から10位までのランキングでは1位がCE売上高327.0億ドルのベストバイ。店舗数は997店から977店に減ったことで前年から0.3%の減少となった。

2位はアマゾン。CE売上高は318.5億ドルと前年から5.0%の増加だ。昨年のランキングでもアマゾンは0.8%の増加で、それまで二桁成長だったが足踏み状態が続いている。

置き配による盗難「ポーチ・パイレーツ」で、アマゾンで高額な家電品を購入して宅配できなくなっているのが要因だ。

3位のウォルマートは前年比2%減の200.4億ドル。4位のアップルストアは271店と店舗数を1店舗減らして0.4%減となる153.5億ドルだった。

5位のコストコは5.5%の増加となる61.6億ドル。CE販売を527店から547店に拡大したことがアップ要因だ。6位となったターゲットは0.9%減少し53.1億ドルだ。

なお1位〜6位までは昨年のランキングと変わっていない。

7位にはマイクロセンターが上昇した。25店舗と店舗数が変わらないが29.3億ドルと前年から6.5%の増加となった。シアーズなど多くのチェーンが脱落する中でコンピューターストアのマイクロセンターは10位→9位→7位と着実に売上を伸ばしランクを上げているのだ。

8位にはオンライン販売のニューエッグで2%増となる28.0億ドル。9位には23.8%減で27.1億ドルとなったゲームストップ。ゲームストップは店舗数が3,846店から3,640店と200店以上も店舗を減らし、昨年の7位から9位に落ちている。10位には26.8億ドル(前年比4%減)のデルが8位から順位を落として着地している。

 今年はコロナ禍により多くの店が休業に追い込まれ、パートタイマーを含め店舗スタッフを一時帰休にしている。

トップのベストバイも3月22日からカーブサイド・ピックアップのみの対応で5月は200店を再開している。店舗再開も感染拡大を防ぐためアポのみで入店可という規制で厳しい状態が続いているのだ。

アマゾンがトップになる可能性からリモートワーク急増でパソコンと周辺機器がバカ売れでマイクロセンターの躍進もあり、1年後に発表されるランキングは大きな波乱を呼ぶことになるだろう。

トップ画像:シアーズなど多くのチェーンが脱落する中でコンピューターストアのマイクロセンターは着実に売上を伸ばしCE売上高のランキングで10位→9位→7位と上位に着ている。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。調査会社のNPDグループによると3月の最初の3週間ではコンピューターの売上が前年同期比で40%も増加しました。キーボードも同64%の増加、ヘッドフォンやモニターなどは2倍以上の売れ行きです。御存知の通り外出禁止令によりリモートワークが増加したことによるパソコンと周辺機器の需要増です。

で、小売店でもコンピューターストアはエッセンシャル・ビジネス、つまり必要必須業務とみなされオープンが許されています。コンピューターストアで大手はマイクロセンターです。

マイクロセンターでは現在、一度に60人以上の入店はできませんが5月に入っても繁盛が続いているとのニュースです。外出禁止令が解除されてもすぐに全員出社とはいかないでしょうから、リモートワークは定着していきます。新型コロナウイルス感染拡大に生じた特需ではなくリモートワークの常態化に生産性向上のメリット等が知れ渡れば、衰退と見られていたコンピューターストアは意外なニッチで生き延びそうです。

 パンデミックが長引けば長引くほどライフスタイルが変化し、売れるお店も変わってきます。

あわせて読みたい

「パソコン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    国際法秩序破る中国に世界的反発

    WEDGE Infinity

  3. 3

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  5. 5

    河井氏問題巡る検察と朝日の癒着

    青山まさゆき

  6. 6

    供託金300万円没収も「勉強代」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  10. 10

    日本にも「テスラ」は出現するか

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。