記事

戦慄の「学歴ロンダリング完全マニュアル」

1/2

高卒やFラン大出身のお笑い芸人やタレントが、有名大学の大学院に入っていて驚くことはないだろうか。彼らはどうやって難関大学院のパスポートを手に入れたのか。「有名大学院に苦労せずに入る方法」を徹底取材した。

大学院のハードルがどんどん下がっている

世の中まだまだ学歴社会。ハイレベルな大学のほうが就職・出世・結婚に有利であるのは間違いない。そのため、自身の出身大学よりも偏差値の高い大学院に進学して高い学歴を得ようとする人が増えている。ネット用語でいう「学歴ロンダリング」だ。

有名なところでは、関東学院大学からコロンビア大学大学院に進学した小泉進次郎、最近ではロンドンブーツ1号2号の田村淳が高卒で慶應義塾大学大学院に入学するなど、何かと話題が多い。

早慶および一流といわれる大学院に入った著名人 早慶および一流といわれる大学院に入った著名人 早慶および一流といわれる大学院に入った著名人

どうやったら、そんなことが可能なのか。方法は後で解説するとして、学歴ロンダリングが急増した背景を考えてみよう。

「今は、昔の大学院入試のイメージからすると、信じられないくらい簡単に大学院に入れるようになりました。試験科目も研究計画書の提出と口頭試問のみという研究科が一挙に増えましたからね」

こう語るのは、日本で初めて大学院入試向けの講座を始めた中央ゼミナール教務部部長の宍戸ふじ江氏。

1990年代以降、「大学学部以上の専門教育を重視する」という国の大学院重点化政策に沿って、学部を持たない独立した大学院が急増。しかし、バブル崩壊後の景気悪化などによる経済的な事情や将来的な展望の薄さなどの理由により、大学院に進学する学部生はさほど増えなかった。

学生が集まらないと国からの補助金も減ってしまう。そのため、大学院のハードルを下げてでも入学者を募集することになった、というのが内情だという。

同ゼミナールの講師で『「学歴ロンダリング」実践マニュアル』の著者でもあり、大学院進学のエキスパートとして数多くの受験者を指導してきた赤田達也氏は、今の状況を「省エネ入試」と表現する。

「以前は大学院というとアカデミックな印象が強かったと思います。大学で猛勉強し、専門分野の知識と語学でいい成績を収めた人じゃないと入れないという印象がありました。今はそういう研究科は文学部などごく一部です。大学院のハードルが下がったために、MARCH卒の人は早稲田・慶應に、早慶卒の人は東京大学へとランクが上の大学院を希望する人が多いのが現状です」(赤田氏)

また、一般的に大学院には、4年制の大学を卒業した人しか行けないというイメージがあるが、今はそうでもないという。

「資格審査で受験者の社会人経験や実績が“学歴に相当する”と認められれば、高卒でも受験できる研究科も少なくありません。資格審査は書類審査に加え、面接や小論文が必須なところもありますが、書類提出だけでいいところもあります」(宍戸氏)

ただし、高卒で大学院に入る場合は、職歴が重要になるという。

「ある40代女性は短大卒ですが、NPOで活躍した職務経験が評価されて資格審査を通り、立教大学のMBAに合格したという例もあります。看護学校を出た看護師が病院での勤務内容を評価されて大学院に入れた例も。教授から評価される仕事をしていれば、アルバイトでも大丈夫なこともあります」(赤田氏)

早慶でも入りやすくなっている

総じて受かりやすい傾向にあるのは早慶の大学院も例外ではない。以前と比べれば入学のハードルが格段に下がっている研究科も多数存在するという。ではどのような研究科が狙い目なのだろうか。

「全般的に、大学受験と同じで、新設や時代のニーズとあっていない研究科は学生集めに必死です。そういう研究科は入りやすいといえるでしょう」(赤田氏)

具体的には次の項目で判断しやすいといわれているようだ。

①新設である
②定員が多い
③倍率が低い
④試験科目が少ない
⑤頻繁に説明会を開催している
⑥ぱっと見、何を勉強する研究科かわからない
⑦夜間コース

①~⑤は自分でも確認できるが、⑥はどういうことだろうか。

受けやすいといわれている大学院 受けやすいといわれている大学院 受けやすいといわれている大学院

あわせて読みたい

「学歴」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  8. 8

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。