記事

野村HD、法人向け改善で前期2年ぶり黒字 新型コロナで評価損も


[東京 8日 ロイター] - 野村ホールディングス<8604.T>が8日発表した2020年3月期連結決算(米国会計基準)は、法人向けのホールセール部門で収益を伸ばし、純利益が2170億円の黒字となった。前期は1004億円の赤字で、最終黒字は2年ぶりとなる。新型コロナ感染拡大に伴う市場急変で1―3月の四半期では、同部門で約350億円の評価損を計上した。

20年3月期は、金融費用控除後の収益が1兆2878億円と、前年同期比15%の増収だった。税前利益は2483億円の黒字で、純利益とともに黒字を確保した。

営業やアセット・マネジメントなど主力3部門のうち、ホールセールの伸びが大きく、同部門の税前利益は922億円の黒字となった。リーマン買収後の収益力低下で「のれん」の減損を計上した19年3月期は1114億円の赤字だった。

野村総合研究所(NRI)<4307.T>の株式売却や、構造改革の柱に据えるコスト構造見直しも利益全体を押し上げた。同社が掲げるコスト削減目標(22年3月までに1400億円)の達成率は7割程度で、北村巧財務統括責任者(CFO)は「3月末時点で1000億円程度のコスト削減となった。今後も損益分岐点を引き下げていく」と記者団に語った。

四半期ごとの比較では20年1―3月期の収益が2375億円と、前四半期比29%の減収だった。純損益は345億円の赤字となった。

主力分野の税前損益は営業部門以外で振るわなかった。アセット・マネジメント部門はアメリカン・センチュリー・インベストメンツの関連損失が響き、1―3月期は87億円の赤字だった。ローン関連の評価損を計上したホールセール部門では101億円の黒字を確保したが、前四半期比では77%の減益となった。

(山口貴也)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  3. 3

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  4. 4

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  5. 5

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  9. 9

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  10. 10

    物議を醸す「45歳定年」 定年という言葉が使われている時点でムリがある理由

    NEWSポストセブン

    09月26日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。