記事

自粛に努める国民に、安倍首相は一度も「ありがとう」とは言わなかった

1/2

5月4日、安倍晋三首相は「緊急事態宣言」の期限を5月6日から31日まで延長すると発表した。コミュニケーションストラテジストの岡本純子氏は「今回の会見も、話の流れが読みづらい『あみだくじ話法』に終始し、ロジックやエビデンスを欠いていた。なぜ外出自粛に努める国民に『ありがとう』と言えないのか。残念だ」という――。

新型ウイルス肺炎が世界で流行 緊急事態宣言を延長
新型ウイルス肺炎が世界で流行 緊急事態宣言を延長 - 写真=代表撮影/ロイター/アフロ

安倍首相の緊急事態宣言延長の会見における「致命的欠陥」

ゴールデンウィーク、もとい、「がまんウィーク」が明けた。

最前線で命を懸けて、物流や医療や介護や物販の最前線で働いている人のことを考えたら、ちょっと遊びに行けないぐらいはなんてことない。そう考えた1億2500万人がそれぞれに、必死に実直に「自粛」に努めた。

4月7日の緊急事態宣言から5月6日までの1カ月。歯を食いしばって、励ましあって、我慢を重ねてきたことを「お互い本当によく頑張りましたね」と、褒めたたえあいたい。そんな連帯感を持つ読者もいるのではないか。

その約束の期限を前に、5月4日、この国の宰相は会見で宣言の延長を告げた。

「今度こそはきっと、われわれに届く言葉を」。そんな期待を秘めて、多くの国民がその声に耳を傾けた。そして、絶望する。「なんでこんなに心を動かされないのか」。筆者もこれまで何度も改善策を提案させていただいたが、その声はまったく届いていないようだ。

「もう書き尽くした」と思っていたが、コミュニケーションのプロとして、「誰でも、いつからでも、コミュ力は鍛えられる!」と訴えている手前、諦めるわけにはいかない。結局、首相には原稿を「読む」以外の選択肢はないようなので、今回はその原稿を書いているどなたかに提言をお届けしたい。

「ロジック」や「エビデンス」に欠けた、あみだくじ話法

首相の会見を聞くと、なぜこんなに「もやもや」するのか。

それは「自分の言葉ではない」からだ。読むことが100%悪いわけではない。コロナの感染対策で成功したニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相も、手元の原稿を読むことが多い。

ただし、その印象はまったく違う。安倍首相の場合は2つの致命的な問題点がある。「いかにも読んでないふうを装って、実は読んでいること」と「最初から最後まで、原稿の通りに読むこと」である。

プロンプターを左右に2台置いて、いかにも記者に向けて話しているようで、実は記者も国民も見てはいない。アイコンタクトは聴衆との心の導線のようなものだから、この視線の不在は、直感的に聞き手に不快感を与える。

長年、企業トップのプレゼンをコーチングしてきたが、プロンプターを使う場面は限定的だ。もし原稿をそのまま読み上げたいのであれば、下手な偽装工作をせずに、手元の原稿を堂々と読み上げるほうがいい。

その際、誠意を伝えるには、ところどころで相手の目を見て、自分の言葉を話す場面がほしい。だから、冒頭のあいさつなどは原稿なしで、自分の言葉で語るのが鉄則だ。それができないなら、ロボットに代読させたほうがまだマシだ。

しかも今回の会見では、「ロジック」と「エビデンス」が大きく欠けていた。今回の会見は以下のような構成だった。

自粛の成果と国民への感謝⇒現状(まだ終息にはいたらない)⇒緊急事態宣言延長のお願い⇒事業者へのメッセージ⇒「新しい生活様式」の提案⇒「教育」対策⇒「経済」対策⇒これから政府がすること⇒改めて、ウイルスの怖さに関する解説⇒自粛を引き続きお願いすることに対する国民へのお詫びと感謝⇒……

過去⇒現在⇒未来、もしくは結論⇒根拠⇒事例⇒根拠、もしくは感染対策⇒経済対策⇒教育対策といった流れがなく、あっちこっちに話題が散らばっている。書き出してみると、ある程度の流れがあったことがわかるのだが、聞く側からすると現在地がわからず不安になる。次に何がくるのかわからない「あみだくじ」のような話法なのだ。

まずは「現状をご説明いたします」「感染症対策についてですが」「医療制度の構築についてお話します」などと、ところどころで「道標」を示しながら、ロジカルに組み立てていく必要があるだろう。

COVID-19危機による日本店の一時閉鎖通知
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Fiers

「数字」を出すのはいいが、それを評価する基準は示さない

エビデンスとなる数字もあいまいだ。会見で出てきたのは、以下のような概数だった。

「1日当たりの感染者数は700名が200名程度、3分の1まで減少」

「実効再生産数の値も1を下回った」

「1万人近い方々が療養中」

「人工呼吸器による治療を受ける方は3倍」

「全国で毎日100人を超える人が退院」

数字を意識していたのは確かだろう。だが、その数字が多いのか少ないのかがわかりにくい。「1」を下回る再生産数とは具体的にどれぐらいの値なのか。1万人、100人と言われても、比較する対象がなければ、そのスケール感がわからない。

安倍首相はスピーチで「根性ワード」を嫌というほど盛り込む

また、本当に知りたい「PCR検査数」「必要な病床数」「稼働している病床数」「病院の患者受け入れのキャパシティー」といった具体的な数字は出てこない。宣言解除の条件となるデータも示されない。

こうした数字は視覚的に変化を見せたほうがいい。筆者なら、発表者にしっかりとデータの意味を理解してもらったうえで、スライドで説明することを提案する。

こうしたロジックとエビデンスを重視したコミュニケーションのイロハは、ビジネスの現場ではもはや常識だろう。今や中高生でさえ授業発表で実践していることだが、わが国の宰相はこれができない。

ニューヨーク州知事のアンドリュー・クオモ氏の毎日の会見では、感染者数から、人工呼吸器、病床の数まで、必要なファクトがスライド上で網羅されており、その変化も視覚的に理解できるように工夫されている。

シドニーの日本領事館がとりまとめたこちらのレポートでも、いかにオーストラリア政府や州政府が、徹底的にデータに基づき、戦略性を持ってコミュニケーションをしているのかがわかる。

海外では多くの国が一定の数値分析に基づき、再開への道筋をつけ始めており、アメリカでは、米疾病対策センター(CDC)が、4月30日、企業や学校、教会、公共交通機関などが安全に営業を再開するための暫定的なガイドラインや条件を発表しているが、日本では、今後の見通しはまだ不透明のままだ。

「確か1カ月前にも同じようなことを言ってたよね?」

感情的な部分でも、相変わらず、気持ちは何も伝わってこない。

新型ウイルス肺炎が世界で流行 緊急事態宣言を延長
写真=代表撮影/ロイター/アフロ

この1カ月のわれわれの苦労と我慢がどれだけの成果を生んだのか、何が達成されたのかもあまり言及されず、「緩むな」とくぎを刺される。具体的な数字やデータ、エビデンスの代わりに、安倍首相のスピーチで嫌というほど盛り込まれているのは「根性ワード」だ。

「しっかり」「着実に」「あらゆる」「確実に」「間違いなく」「大胆な」「前例のない」「思い切った」「絶対に」「これまでにない」「なんとしても」……。こうした勇ましい言葉がいくつもちりばめられている。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  4. 4

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  9. 9

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  10. 10

    学生の自由と大人の責任。政党学生部の発言・活動に議員が介入するのは、言論封殺や圧力なのか問題

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月03日 08:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。