記事

本当は空いている東京の撮影に行こうと思っていたけどやめた話〜今だから言える話

緊急事態宣言中、ひそかに考えていたのは、空いているであろう渋谷のセンター街や新宿歌舞伎町に行き人が少なくなった街を撮影しようということだった。

しかし断念した。1つは自分自身が緊急事態宣言中は不要不急な外出をするなとブログやSNSで連呼していたこと。自分でそんな風に言っておきながら自分だけは不要不急の撮影に出かけるのは筋が通らないと思ったからだ。

もう1つは知人の看護師さんが、コロナ患者の担当になっていて撮影なんかで出かけないで、と他の人の投稿をみてつぶやいていたことだった。

コロナ患者の治療にあたっている看護師さんがそういうなら私はやめるべきだと。別にがらがらの電車に乗りほとんど人のいない渋谷や新宿を撮影したところでほとんど感染リスクはない。

でも間違いなく不要不急だ。今は三密じゃなければいいという段階ではない。緊急事態宣言の最中、医療崩壊を防がねばならないのに、知人が感染リスクをおってコロナ患者の治療にあたっているのに、自分は仕事とはいえのんきに不要不急の撮影に出かけるべきではないと。

知人のカメラマンが撮影に出かけた。いいなーと思った。何度も心が揺れた。私が行ったところで「行きました!」とリアルタイムで言わなきゃ別にバレないじゃないかとかそんなことも何度も思った。

でも行かないことにした。だって知人がコロナ患者の治療をしているんだから。不要不急な外出はやめてとその看護師さんが言っているのだから。自分もそうブログで書いているのだから。

とにかく、緊急事態宣言中の4/7〜5/6まではどうしても行かねばならない歯医者以外は、公共交通機関を使うまいと決めたのだ。

あーブログで不要不急の外出なんてするな、とか言わなきゃ自分にも甘くすることができたのにとか思ったりもしたけどいやそういう問題ではない。

今やるべきことはなんなのか。今やってはいけないことはなんなのか。自分の発信と自分の行動は、一致させなければならない。自分も我慢だと。

ささやかな自分の中の決め事。

*5/6まで撮影自粛していましたが、5/7にセルフロックダウンを解除し、感染防止策を行いながら近場の撮影は出かけます。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    社長辞任 勝者なき大塚家具騒動

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  2. 2

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  9. 9

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  10. 10

    ソニー好決算 PS4や「鬼滅」も

    片山 修

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。