記事

コロナ消費で売り上げ3倍!ホットクックに学ぶ「欲しいモノがない時代」に何を売るか

1/2

コロナ禍による巣ごもり消費で、売り上げを伸ばしている商品は多い。シャープのヘルシオ ホットクックもその一つ。家事の「時短需要」かと思ったら、それだけではない意外なニーズが隠されていた――。

家族で一緒に作って食べる食事
※写真はイメージです(写真=iStock.com/monzenmachi)

ベーキングパウダーが前年比3.4倍の注文数

新型コロナウイルス(以下、新型肺炎)の感染拡大を防ぐため、3~4月は学校の休校やテレワーク、外出自粛などの動きが進みました。また4月16日には、政府が「緊急事態宣言」の対象地域を“全国”に拡大すると表明。以来、レストランや定食チェーンなど外食産業は、営業時間の短縮等を余儀なくされ、いっそう大きな痛手を負っています。

「ヘルシオ ホットクック」は昨年1~3月比2.5倍の売れ行き。
「ヘルシオ ホットクック」は昨年1~3月比2.5倍、4月は3倍以上の売れ行き。(写真提供=シャープ)

一方で、「STAY HOME」で伸びを見せたのが、自宅で過ごす時間をサポートする「巣ごもり消費」。あるショッピングサイトの注文データを見ると、昨年(2019年)3月に比べ、宅飲み需要に応える発泡酒は2.1倍、パンやお菓子作りに使えるベーキングパウダーは3.4倍、そして「おうちごはん」で活躍するホットプレートは1.7倍と、それぞれ注文数が飛躍的に増えているのが分かります(「Yahoo!ショッピング」4月14日公開データ)。

 シャープの自動調理鍋、「ヘルシオ ホットクック(以下、ホットクック)」も、巣ごもりでさらに人気を得た商品の一つ。「学校の休校や在宅勤務の影響もあり、今年(2020年)1~3月の販売台数は(前年同月比で)2.5倍、4月には3倍以上に伸びました」と、同社の社長室 広報担当・飯沢潤子さんは言います。

売り上げが3倍になったホットクックの2大特徴

ホットクックの1号機の発売は、2015年11月。当初から、キャッチフレーズの「水なし自動調理鍋」には、おもに2つの意味が込められていました。

1つは、「水なし=無水調理」。ほとんどのメニューが、余分な水を加えない「無水」の状態、すなわち野菜など食材がもつ水分のみで調理できるため、素材本来の旨味や栄養を味わえるのが特徴と言えるでしょう。

もう1つは、「自動調理=調理時間の予約や“ほったらかし調理”ができる」ことです。

朝、材料をセットすれば夕方できたてが食べられる

例えばカレーの場合。朝出掛ける前に、切った野菜やルー、調味料などをホットクックに入れて予約タイマーをセットしておけば、夜帰ってすぐに「できたてのカレー」を味わうことが可能。

内蔵されたセンサーが、温度や蒸気の状態を見計らい、自動で火加減を調整してくれるので、忙しい最中に「火加減はどうだろう」と、コンロの周りをウロウロする必要はないうえ、焦げつきを気にして鍋をかき混ぜる手間からも開放されるでしょう。この部分では、確実に「時短」と言えるはずです。

ですが、飯沢さんいわく「“ほったらかし”の意味は、必ずしも『時短』とイコールではありません」とのこと。一体なぜなのでしょうか。

時短より「ちゃんと家事をしたい」ニーズが高まる

ここ数年、共働き世帯(約1220万世帯)は増加の一途をたどり、いまや専業主婦世帯(約600万世帯)の2倍以上(18年現在)。だからこそ「時短」が叫ばれるのですが……、飯沢さんによると、ホットクックのニュアンスは、「あえて言うなら、『時短』より、新たな時を産む『時産』(家電アドバイザーの戸井田園子さんが提唱した言葉)」だそう。

共働き世帯は専業主婦世帯の2倍以上に

とくに、昨今のコロナ禍では、時短よりむしろ「ちゃんと家事して生活を整えたい」とのニーズが高まっているようだと言うのです。

在宅ワークで、さらに“ちゃんと家事派”が増加

私自身もそうですが、コロナ禍では、単に朝、昼、晩と調理の頻度が増すだけでなく、「せっかくだから“ちゃんと”栄養を摂らないと」と、つい手間をかけたくなる。とくに今回、感染リスクを防ぐためにも「栄養バランス」が重要とされているので、その思いは強いですよね。

ただ、“ちゃんと”したくなるのは、調理に限りません。在宅勤務になり、自宅にいる時間が増えると、「あそこが汚れてる」と掃除のし残しが目についたり、「そろそろ洗濯しなきゃ」と気になったりします。つまり掃除や洗濯など、調理以外の家事も、なにかと“ちゃんと”したくなる。皆さんも、同じように感じるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「家電」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  3. 3

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  4. 4

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  6. 6

    8割が遭遇する中年の危機に注意

    NEWSポストセブン

  7. 7

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  8. 8

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  9. 9

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

  10. 10

    即席ラーメン人気が再燃した背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。