記事

2m離れないと読めないメッセージ? ソーシャルディスタンスを表現した新聞広告が話題に

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、人と人とが一定距離を保つ「ソーシャルディスタンス」が重要視されている中、新聞に掲載されたとあるアートメッセージが話題となっている。


 話題となったのは、5月6日付けの岐阜新聞の全面広告。「ソーシャルディスタンス。2m以上離れてこの紙面を見てください」と書かれており、実際に離れて紙面を見ると「離れていても心はひとつ」というメッセージが浮かび上がるものとなっている。この広告を見た人がTwitterに写真を投稿したところ約12万リツイート、34万のいいねを集める大反響となった。


 岐阜新聞は、今回の広告は「Stay Home with newspaper」という不要不急の外出自粛により、在宅を余儀なくされている読者に向けて企画したものとコメント。家庭でも楽しめるものを届けようと5月1日から6日までの6日間連続で様々なコンテンツを掲載したうちの一つだという。

 さらに、広告のデザインを担当した入社2年目の社員は「離れることで読めるようになる看板からヒントを得て作成しました」と明かすと、「地元メディアとしても今は我慢が必要だと伝えたかった。いつものような日常を過ごせるように今は距離をあけてくださいという思いで『離れていても心はひとつ』というメッセージにしました」と話した。


 コメンテーターで社会企業家の牧浦土雅氏は「素晴らしいですね。離れると読めるということなので、言い換えると読みたかったら離れろ、と。そして多分これは元の生活に戻りたかったらしっかりとソーシャルディスタンスを保とうねと(いうことだと)私は捉えました」とコメント。MCの田中萌アナウンサーも「こうやって実際に離れて見て読めるというと、より離れることも大事だということが伝わりやすくなりますよね」と評価した。

(ABEMA/『けやきヒルズ』より)

▶映像:2m離れると意味が分かる新聞広告が話題に

あわせて読みたい

「広告」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。