記事

新型コロナでジャニーズに異変!? 芸能人テレワーク時代の新しい稼ぎ方

1/2
コロナ禍で働き方が激変した日本。それは芸能界も同じこと。これからは、テレワークを制する者が芸能界を制す時代に。そんな中、かつてネット鎖国を貫いていたジャニーズ事務所に変革の嵐が巻き起こっています。今回は芸能人のYouTubeを多数プロデュースする放送作家が、コロナ禍のジャニーズを考察します。


放送作家の谷田彰吾です。ここ1ヶ月の間にも芸能人YouTube界の動きは加速。芸人では千原ジュニアさん、小籔千豊さん、フットボールアワーさんの4人が合同で配信を開始。女優の仲里依紗さん、声優の梶裕貴さんなども次々と参入しています。

このスピードアップの大きな原因は、新型コロナウイルスです。緊急事態宣言によって悲鳴を上げている業界は多々ありますが、芸能界もそのひとつ。テレビや映画の収録は中止、イベントやコンサートもキャンセル、芸能人のスケジュールにはポッカリと大きな穴があいてしまいました。

某人気アイドルグループを抱える芸能事務所は、僕にこんな言葉で窮状を表現しました。「弊社はもう血流を止められた状態です」と。尋常ではない危機感が伝わります。このクライシスにあって芸能事務所がやれることは何か…真っ先に思い浮かぶのがYouTubeというわけです。

毎回書いていますが、この流れは一過性のブームではありません。昭和の時代に映画からテレビへメディアが移行したように、テレビからデジタルへ、令和のパラダイムシフトは始まっています。もう少しゆっくり進むはずだったものが、コロナ禍で強制的に加速しました。

僕はテレビだけでなく、Wednesdayという自分の会社で「デジタルメディアレーベル(DML)」というサービスを立ち上げ、芸能人のYouTubeでの活動をプロデュースしています。現在、芸人のMr.都市伝説 関暁夫さん、講談師の神田松之丞あらため神田伯山さん、元メジャーリーガーの上原浩治さん、ファミリーで大人気の芸人・はなわさんなどのチャンネルを運営中。最近では、メイクアップアーティストのイガリシノブさん、ものまね芸人のMr.シャチホコさんのチャンネルもローンチしました。

そんな弊社は今、数多くの芸能事務所からお問い合わせをいただくのですが、中にはこう宣言した社長もいます。

「腰かけでデジタルをやる事務所は必ず失敗する。ウチはデジタルに本籍地を移す!」

このように覚悟を決めた事務所がある一方で、まだ様子見をしているのが大手事務所。いよいよ動き出さんとする巨人たちの中で、僕が気になるのはジャニーズ事務所です。

今でこそデジタルコンテンツを解禁していますが、かつては徹底したネット鎖国体制を敷いていました。そんなジャニーズが、このメディア変革にどう対応するのか? 何が落とし穴になるのか? アフターコロナのアイドルビジネスがどうなるのか? 取材も交えて僕なりに考察します。読んでくださっているジャニーズファンの皆さん、どうかお手柔らかにお願いしますm(_ _)m

コロナによって偶然起きた 『ジャニーズ令和維新』

AP

コロナ禍の中、ジャニーズはTwitterとInstagramの公式アカウントを開設しました。その名も「Johnny's Smile Up! Project」。木村拓哉さんが手洗いのレクチャー動画を、TOKIOの城島茂さんは除菌剤を作る動画を投稿。社会貢献の側面を持つアカウントなので、年長組はさすがの貫禄でコロナ対策を啓蒙しました。

そんな中、下の世代はというとなかなかの個性を発揮していて、KinKi Kidsの堂本光一さんはプライベートで使い込んだ自らのコンサートグッズのタオルを使い、まさかの窓掃除。関ジャニ∞の村上信五さんは朝9に寝起きでできるストレッチを撮影。髪の毛はボサボサ、どう見てもガチで寝起きという顔を披露しました。

開設から約20日でTwitterのフォロワーは36万人、Instagramは61.6万人(4/29時点)未登場のタレントがわんさかいる中でこの数字ですから、さすがジャニーズです。

しかし、どうでしょう? 違和感を覚えませんか? 天下のジャニーズ事務所が、ボロタオルで窓掃除をしたり、ボサボサの寝起き顔を披露する姿をこれまで見せてくれたことがありましたっけ?

ジャニーズといえば、ステージの上できらびやかな衣装を身にまとい、華麗に歌い、踊り、ゴンドラに乗り、クライマックスで天空を舞う。そういう人たちです。この世のものであってそうでないという「絶対的偶像」。堂本光一さんは王子であり、窓など決して拭かない。ましてや年季の入った自前のタオルを見せるなんて言語道断。生活感は敵! それがこれまでのジャニーズスタンダードだったわけです。

「バーチャルジャニーズプロジェクト」の仕掛人であるSHOWROOMの前田裕二さんは、こう語っています。

「ジャニーズは“遠さ”にその価値の源泉がある」

手が届かないからこそ、輝く。触れないからこそ、尊い。それがジャニーズ。しかし、それをついに崩し、SNSで私生活を見せるようになりました。これは画期的なことです。過去をネット鎖国と呼ぶなら、「ジャニーズ令和維新」とでも名付けましょうか。なぜ僕がここまで仰々しく言うのか。それは天下のジャニーズが世の中の流れにちょっとだけ迎合したためです。

10年ほど前から日本のタレントビジネスは「親近感」がキーワードになっています。AKB48のコンセプトは「会いに行けるアイドル」。クラスで一番ではない子をわざと集めたとも言われる“非”高嶺の花感。そして、お金を払えば握手ができる。この距離の近さが一大ムーブメントを巻き起こしました。

そして、テレビのカウンターカルチャーとも言えるYouTubeから生まれたスターたちは、総じてどこにでもいそうな人ばかり。しかも、自宅で撮影するのが当たり前。私生活の延長をコンテンツにしているのがYouTuberです。彼らが数百万人のファンを惹きつけ、YouTubeドリームを生み出しました。ジャニーズとは真逆ですよね。

これは完全に私見ですが、この「親近感人気」の流れは、ジャニーズですら無視できないほど大きなものだったのではないでしょうか。でも、偶像が売りのジャニーズはその流れになかなか乗れなかった。ネットを解禁し始めたあたりから、機会をうかがっていた可能性もあります。そんな中、自宅で自ら撮影をしなければならないコロナ禍はある意味、ジャニーズにとってSNSに本格進出する良いきっかけになるかもしれません。

あわせて読みたい

「ジャニーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  6. 6

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  7. 7

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  8. 8

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。