記事

スキーで日焼け、悠々自適な生活… カルロス・ゴーン氏の現在を堀潤氏が解説


 2日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)が放送され、カルロス・ゴーン氏の現在について明らかになった。

▶動画:堀潤氏、カルロス・ゴーン氏の現在を明かす「完全に日本は舐められている」(42分18秒頃~)

 この日は「コロナの影に隠れたニュースSP」と題して、新型コロナウイルスのニュースが増えることによって報道される機会が失われている、気になる出来事の現在を取り扱うことに。

 ゴーン氏は金融取引法違反と特別背任罪で東京地検特捜部に逮捕されたが、保釈中の2019年末にレバノンへ逃亡。海外から日本の司法制度への疑問を訴えかけている。

 ゲストでリモート出演をしたジャーナリストの堀潤氏は、ゴーン氏の動向について「最近、海外メディアの取材に応じています。赤く日焼けしたゴーンさんが、いい家でインタビューに応じていて『その赤い顔はどうしたんですか?』と聞かれると『いやあ、スキーで日焼けしちゃってね』と。悠々自適な暮らしをしてます」と解説。


 また、ゴーン氏は「もうすぐ(自分に関する)テレビ番組、映画、小説が出る。そのなかでは、私が日本政府によってハメられた陰謀の話がしっかりと出てきますよ」と、余裕のコメントをしたという。

 「私の主張が世界に届くんだ」と語るゴーン氏は「日本人と日本国には信頼があるけれども、日本の司法や政府のあり方に関しては全く信頼ができない」と語り、日産の経営陣が保身のために司法取引で自身を陥れたと主張しているそう。

 一方で日本側としてもこの状況は放置できないとして、義家弘介法務副大臣がレバノンを訪れて身柄の引き渡しを改めて要求。レバノンへの支援といった手土産を用意したが「ゴーン氏を引き渡すわけにはいかない」と、厳しい返事だったそう。

 「完全に日本は舐められている」と語る堀氏だったが「一番憤っているのは日産の経営陣(に対して)ですね」と指摘。「今までなにしてたんですかと。取締役会もあって、株主への説明責任もあって、経営陣はゴーンさんの不正に対してなにも言えなかったんですか? ゴーンさんが怪しいという状況に対して、自分たちで解任するといった手続きはできなかったんですか?」と訴えていた。

▶動画:堀潤氏、カルロス・ゴーン氏の現在を明かす「完全に日本は舐められている」(42分18秒頃~)

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  2. 2

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  3. 3

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  6. 6

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  7. 7

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  8. 8

    風営法の改正で感染拡大防止せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  10. 10

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。