記事

緊急事態宣言の解除、各地域の感染者数や医療体制で判断=官房長官


[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は7日午前の会見で、5月末まで延長された緊急事態宣言の期間満了前の解除について、専門家に地域ごとの感染者数や医療提供動向などを分析してもらい、適切なタイミングで判断すると述べた。具体的なスケジュールは決まっていないという。

同官房長官は、判断は地域ごとに毎週の最新データを踏まえて行うが、専門家が宣言解除可能であると判断すれば、それが特定都道府県であるかないかにかかわらず、満了前でも解除が可能だとの認識を示した。

抗体検査の活用についての議論もある中、「コロナの再感染について知見が十分でなく、再感染の事例も複数あることから、現在、国立感染症研究所などで分析中」として、実用化にはまだ時間がかかるとの認識を示した。

新型コロナウイルスの治療薬として米国で緊急使用が許可された「レムデシビル」に期待がかかるが、同長官は「日本でも今日、問題なければ速やかに承認したい」と述べた。

国内での必要量の確保が課題とされているが、菅官房長官はこれまでも製造企業と相談し、承認した際に必要量を確保できるよう、努力しているところだと述べるにとどめた。

また抗インフルエンザ薬アビガンについても「国内で3000例以上の臨床試験が行われ、今月中に薬事承認を行いたい」と述べた。

(中川泉)

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。