記事

【読書感想】コロナの時代の僕ら

1/2

コロナの時代の僕ら
作者:パオロ・ジョルダーノ,Paolo Giordano
発売日: 2020/04/24
メディア: 単行本



Kindle版もあります。

コロナの時代の僕ら
作者:パオロ ジョルダーノ
発売日: 2020/04/24
メディア: Kindle版

2020年2月から3月のイタリア、ローマ。200万部のベストセラーと物理学博士号をもつ小説家、パオロ・ジョルダーノにもたらされた空白は、1冊の傑作を生みだした。生まれもった科学的な姿勢と、全世界的な抑圧の中の静かな情熱が綾をなす、私たちがこれから生きなくてはならない、コロナウイルス時代の文学。

 著者のパオロ・ジョルダーノさんは、1982年生まれ。イタリアの物理学博士号を持つ作家です。
 この『コロナ時代の僕ら』には、2020年の2月から3月にかけて書かれたエッセイ27本と、3月20日に『コリエーレ・デッラ・セーラ』紙に掲載された「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」という記事が収録されています。

 僕はKindleで読んだので、書籍の厚さや重さは実感できないのですが、エッセイのひとつひとつはそんなに長いものではありませんし、読み終えるのに1時間もかからないと思います。
 著者の文章は、ものすごくシンプルでわかりやすく書かれており、こんな状況下で、長くてまわりくどい文章は頭に入りにくく感じている僕には、その「短さ」が、かえってありがたかったのです。
 言葉が選び抜かれ、凝縮されたエッセイなんですよ。

 このように感染症の流行は、集団のメンバーとしての自覚を持てと僕たちに促す。平時の僕らが不慣れなタイプの想像力を働かせろと命じ、自分と人々のあいだにはほどくにほどけぬ結びつきがあることを理解し、個人的な選択をする際にもみんなの存在を計算に入れろと命じる。感染症の流行に際して僕たちは単一の生物であり、ひとつの共同体に戻るのだ。

 ここで、このところよく耳にする、ある種の異議について触れておきたい。それは、「ウイルスによる死亡率はどうやら低そうだし、特に僕のように健康で若い人間にとっては問題がなさそうだ。ならば、僕らは個人的なリスクを自分の責任で負って、日常生活を続けてみてもいいのではないだろうか。この手のちょっとした運命論の主張は、自由な市民の神聖な権利ではないだろうか」というものだ。

 駄目だ。僕たちはリスクを冒すべきではない。これには少なくともふたつの理由がある。

 ひとつ目は数的な理由だ。CoV-2は、入院を必要とする観戦者の率が馬鹿にできないほど高いのだ。今後変化する可能性はあるが、現時点の複数の推定によれば、共に感染人口の約10%が入院している。そこへ短期間で感染者が急増すれば、相当に大きな数字の10%が入院し、ベッドも看護師も不足する事態を招く結果となるだろう。それは医療システムを崩壊させるのに十分なほど大きな人数だ。

 ふたつ目の理由は、単純に人道的なものだ。こちらの理由には、感受性人口のうち特に感染のおそれが高いグループが関係してくる。高齢者をはじめとする健康弱者だ。ここでは超感受性人口と呼ぶことにしよう。若くて健康な僕らがウイルスに隙を見せれば、脆弱な彼らの身近にそれを自動的に運ぶことになる。感染症の流行時に感受性保持者が我が身を守らなくてはならないのは、他者を守るためでもあるのだ。感受性人口は流行を防ぐ隔離線でもある。

 要するにこうした感受性の流行に際しては、僕らのすること・しないことが、もはや自分だけの話ではなくなるのだ。このことはずっと覚えていたいものだ。今回の騒ぎが終わったあとも。

 著者は、アフリカなどの医療体制がまだ不十分な地域での感染流行も想定しています。
 ウイルスは、誰でも感染する可能性があるがゆえに、「自分は感染してもいい」という人が媒介役になって、「感染したくない人たち」に拡散してしまうのです。
 媒介役になる人たちは、若かったり、基礎疾患がなかったりして、重症化しなかったとしても。

 「自己責任社会」のなかで、この感染症との戦いは、「人類が共生していく意識」が問われているのです。
 今の社会では、「感染流行を予防する」ためには、とにかく人と人との接触を減らすことが大事なのだけれど、それでは経済的に苦しくなる人がどんどん増えていく、というジレンマに陥っているんですよね。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの非常識 路上で記者会見

    田中龍作

  2. 2

    米で無印破綻 失敗続く日本企業

    後藤文俊

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    アビガン試験者の少なさ医師指摘

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    好調のテスラにトヨタがEVで反撃

    安倍宏行

  6. 6

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  7. 7

    朝鮮学校への実質支援を中止せよ

    赤池 まさあき

  8. 8

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  9. 9

    東京のドヤ街に若者潜入「衝撃」

    幻冬舎plus

  10. 10

    コロナ重症患者数の推移注視せよ

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。