記事

I could care less

高校生の時、アメリカにいつか留学したと思い、そのためにはタイプライターがうてるようにならなければと、タイプライターの教室に通いました。
 
その時に、カンマの後はスペースひとつ、ピリオドの後にはスペースふたつと習いました。
 
ジョージタウン大学に留学した時には、両親からもらったスミス・コロナのタイプライターでせっせとペーパーを書きました。
 
当時、外国人学生向けの英語のライティングのクラスでも、ピリオドの後はスペースふたつとたたき込まれました。
 
ところが最近、マイクロソフトのWORDが、ピリオドの後はスペースはひとつでよい、スペースふたつは間違いだと勝手にルールを書き換えました。
 
曰く、ピリオドの後にスペースをふたつ入れるのはタイプライターの名残だ、パソコンの時代にはスペースはひとつで充分だ。
 
まことにけしからんと思います!
 
同じように当時、ライティングのクラスでたたき込まれことがいくつかあります。
 
そのひとつで今でも覚えているのか、”however”という単語は、文頭においてはいけない。
 
ところが外務大臣時代、外務省が書いた英文の原稿にはhoweverが文頭に来ているものが結構あって、そのたびに、せっせと直していましたが、そのルールも変わってしまったのでしょうか。
 
もうひとつ印象的だったのが、「”I could care less”という英語は間違いだ。」
 
俺はそんなこと気にしないよという意味でI couldn’t care lessと本当は言うのですが、そういう意味なのにI could care lessと言う学生が結構いました。
 
まったく逆の意味のはずなのですが、I couldn’t care lessという意味で”I could care less”をみんな使っていました。
 
で、私もそう言っていたら、その英語は間違っていると注意されました。
 
アメリカの大学生は今ならなんて言うんでしょうね。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  4. 4

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  6. 6

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  7. 7

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  9. 9

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  10. 10

    不祥事俳優カットせぬフジを称賛

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。