記事

新型コロナ“出口戦略”で独自基準を示した吉村知事VS小池知事VS西村担当相 情報番組での軍配は?

1/2

[画像をブログで見る]

 大型連休最後となった5月6日。

 テレビのワイドショーは新型コロナの緊急事態宣言が7日以降も全国的に延長される中で、吉村洋文知事が前日に示した大阪府独自の「出口戦略」をクローズアップして報道した。

 おおむね、どの番組も吉村知事の姿勢を評価するトーンで肯定的に伝えた。 

 大阪府が出したような具体的な数字をなぜ東京都は出せないのか?国は出せないのか?などスタジオでの解説トークが盛り上がった。

 どんなやりとりがあったのか。自治体トップ、そして国の担当大臣を対比して伝えた番組も相次ぐなど、姿勢の差が興味深いものになった。

 吉村知事の会見をどのように評価したのか。他方で東京都の小池知事や政府の西村大臣をどう対比させたのか。

 そこには番組が抱えるコメンテーターの専門的な見識やキャスターらの問題意識で差が出ていた。

 以下、抜粋してまとめてみる。

◆“大阪府吉村知事の独自姿勢に国の大臣が示した不快感”に注目した日本テレビ『スッキリ』

 番組は前日の吉村知事の記者会見の映像を用いて、“大阪モデル”を説明した。

(ナレーション)
「政府は国民に今月いっぱいまでの自粛を求めていますが、解除に向けた具体的な基準が示されていないという声もあります。そんな中、独自の“出口戦略”を示したのが…」
(大阪府吉村知事・きのう午後5時ごろ)
「本日、大阪府において出口戦略を策定いたしました」
(ナレーション) 「大阪府の吉村知事。緊急事態宣言以降、感染者数に緩やかな減少傾向が見られている大阪府」
(吉村知事)
「5月31日で原則として緊急事態宣言の延長された中身を引き続き、お願いしたいと思います」
(ナレーション)
「吉村知事は府民へ、今月末までに外出自粛や休業要請の継続を訴えたその一方で」

(吉村知事)
「明確な数値をもって出口戦略を策定しましたので5月15日の段階においていったん大阪モデルをもとに判断。数値を満たしているようであればそれ(休業など)を段階的に解除をしていきたい」

(ナレーション)
「独自の基準、“大阪モデル”を設定。今月15日段階の数値で自粛要請の解除を検討すると明かしたのです。

解除に向けては3つの基準を定めています。それは、1つはその日にわかった感染経路不明の新規感染者が10人未満となること。さらにPCR検査の結果、陽性率が7%未満になること。そして重症患者の病床使用率が60%未満となること。

この3つすべてが7日間連続で達成された場合、自粛要請を段階的に解除するというのです」
(吉村知事) 「まず数値で出口戦略を示す。客観的な指標をもって判断するということを“大阪モデル”でまずはトライしたい

(ナレーション)
「独自の数値基準を設定した吉村知事は“政府は出口戦略を示していない”と批判

 これに対して、番組は新型コロナ対策の国の責任者である西村経済再生担当相の反応を映像で伝えた。

(ナレーション)
「一方、吉村知事の会見を前に“大阪モデル”の方針を聞いた西村経済再生担当大臣は」

(西村経済再生担当相)
「知事が判断する材料をご自身で定められてやることですから、これは自由にやっていただいて、知事の権限の範囲内で対外的に説明が必要だということで示されるのは私はいいことだと思っています

 ここまで吉村知事を評価する言葉を並べた西村康稔経済再生担当相。

 しかしこの後で一転、大阪府の姿勢に不快感を表明した。

(西村担当相)

「しかし、“出口戦略”という言い方は違う。


緊急事態宣言からの出口ということであれば、これは国が専門家の意見を聞いて定める話。考える話でありますし、これについての具体的な基準について今後、解除というのはありえますので、早く専門家の皆さんと相談、意見を聞いて考えていきたいと思っています」

(ナレーション)
「数値の指標は必要とした一方で、緊急事態宣言の“出口戦略”は国が定めるものだと述べました。政府から明確な解除の基準が示される日は来るのか。一方、大阪府の今後の対応について吉村知事は」

(吉村知事)
「(大阪モデルを)修正すべき点があれば臨機応変に修正していきたい。いずれにしても、こういった出口戦略を示すことが重要だと思うので国には出口戦略を示してもらいたい。

それ(国の出口戦略)がよりすばらしい数値基準で出てくれば大阪府としてもそれに乗っていきたい。最終的には府民のみなさまにとってどれが一番いいのかという判断で進めたい」

 このVTRの後でリモート出演した専門医の佐藤昭裕氏は自治体ごとにこの基準は変えるべきだという見解を示した。  

(佐藤昭裕・日本感染症学会専門医)
「この基準は各自治体によって変えていいと思う。今各自治体で叩き台を作っていると思うがこれに揃える必要はないと思う」

 番組は、西村大臣の「しかし」という言葉を強調して吉村知事と西村大臣の「出口戦略」で対立で生じていることを指摘した。だがそれがなぜなのか、どうしてこの対立が生まれたのかまでは深掘りしなかった。

 その点ではかなり物足りない内容になった。

◆各自治体の規制解除方針の違いに注目したフジテレビ『とくダネ!』

 フジテレビ『とくダネ!』は大阪府の発表に特に大きく注目せずにパネルで各自治体の規制解除の方針を違いを紹介する形で報道した。

 テロップでは「混乱 緊急事態延長も…各都道府県で規制解除分かれる」と示していた。

 一律でパネルにしただけだったため、報道の焦点がピンと定まらない伝え方になった。

◆吉村知事に対して西村大臣の感情的な反応を強調したTBS『ひるおび!』

 『ひるおび!』はメインキャスターの恵俊彰氏と八代英輝弁護士の問題意識が色濃く反映される伝え方になった。 

(恵俊彰キャスター)
「この数字をクリアしたら(休業要請を)解除しますよという条件を吉村さんはお出しになった」

 恵キャスターはそう言って「大阪府が独自に示した要請解除の基準」をフリップで解説した。

 「陽性率」についてはこの朝の毎日新聞の記事を元に「政府は陽性率を把握できず」という現状を伝え、厚労省が各都道府県に報告を求めるものの「12都県」は応じず、と示し、東京都が応じていない現状を明かした。

 コメンテーターたちも東京都と比較しながら、大阪府の姿勢を評価するコメントを続けた。

(八代英輝弁護士)
「東京から見ると、うらやましい要素だと思いますね。感染経路不明者数も把握できていますし、陽性率がほぼ毎日出てくるというのは、東京からすると考えられない。そういった数値的な裏付けをきちんと持っているというのが大阪の強みの一つだと思う」
(恵俊彰キャスター)
「(大阪府が基準にした数値のうち)新規の感染経路不明者数というのは東京もがんばれば今のところ出せそうです。毎日一応出ていますから。一つはできそうだけど、今、八代さんが指摘した陽性率はどうやら難しそう…計算しなければなりません」

 スタジオでは大阪府では陽性率を毎日出していることやグラフで見ると次第に下がっていて、目標を下回る水準まで来ていることも伝えた。

(恵俊彰キャスター)
「東京都でも毎日、(新規の)感染者の数というのは発表されていますが、東京都では『PCR検査実施人数』という形でホームページに載っています。ただ、その日の数字が必ず出るとは限らない。お休みのときは(全部は)出ないんですよ。でも大阪は毎日PCR検査実施数というのが出ているんですよ。毎日。毎日、分母と分子が大阪はわかる

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  5. 5

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  8. 8

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  9. 9

    中国シノバックワクチン、有効だが副反応データ不足=WHO諮問委

    ロイター

    05月06日 11:50

  10. 10

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。